パリス昼豚さんの5万円FXで再スタート! – FXブログ

パリス昼豚さんの5万円FXを実践しています。 →現在はFX勉強会の活動報告に変わりました。

するっとレートが上がったところを狙い撃ち(狙い撃ちか)!

  2018/11/13     

こんにちは、どろんぱです。

昨日のトレードの結果をご紹介します。


基本的には、先週から明らかに大きな流れが下げ相場なので、
「売るとこはどこかなぁ」なんて思っていましたけれど、
止まりそうなところで止まったので、値動きを観察していました。

すると、目安になるところで動きが出て、ルール合致でこれはいけるかも?と
グッと上に動いたタイミングで、急な角度のラインは超えたし、
途中だけど、「うー、勢いあるしどうしよ?」と思いながら、入りました。
ですが前段にも書いたとおり売りの流れだと思ったので、するっと伸びましたけど、
大きな期待はせず(笑)、目安となるところでさっさと決済しました。

=========================================
結果的にはいい感じで取れました(と自分では思ってる)が、
週末の解説動画がドキドキです。

「こんなとこでこうするなんて考えられない!」

と先生に言われないといいなぁ、と思いながら本日以降もトレードをしていこうと思います。
今週もよろしくお願いします。



ランキングに参加しています。応援よろしくお願いします。にほんブログ村 為替ブログへ
  -  トレード報告

トレードのルールを最中に認識する方法と、できるようになる方法

  2018/11/12     

こんばんは、まもです。

先週のポンド円はトレンド転換的な動きが発生していました。

売ってればどこでも利益になる相場。
環境認識を重視したトレードとなっています。
基本は5分足のトレードのため、ずーっと握ることは自分にはできませんでしたが、十分な結果となりました。

さて、
トレードの最中にルールを忘れてしまうこと、皆さまはないでしょうか。
僕の経験では「ルール忘れ」というのはいくつかの段階があります。

最悪なほうから順に、

①怒り心頭ブチ切れてルールが見えない、無視する
②一方向の値動きを重視しすぎ、「なんとなくの環境認識」をルールより重視してしまう
③環境認識ができていないため、適用すべきルールが定まらない
④環境認識ができていたが、エントリーから利確の時に検討すべき事項を見落としていた

という段階を経験しました。
理由は端折りますが、僕にとって有効だった対策方法を以下に書きます。

①怒り心頭ブチ切れてルールが見えない、無視する
 >リアルトレードは一切やめ、デモトレードの期間を一か月単位で設ける

②一方向の値動きを重視しすぎ、「なんとなくの環境認識」をルールより重視してしまう
 >トレード前に環境認識を売り買い両面で行う

③環境認識ができていないため、適用すべきルールが定まらない
 >今のエリオットと、トレンド/レンジを定義する

④環境認識ができていたが、エントリーから利確の時に検討すべき事項を見落としていた
 >見落としがちなルールを、トレード前後に確認する

どれもこれも、結局未熟さからくるものなので一つづつ丁寧に向き合って直していくことが大切です。

僕の場合は、③が終わった後④を自分用に書きだしたリストを音読して再確認しています。




環境認識次第で利益確定ポイント等変わってくるため、すべてのルールを確認する必要はないと考えています。

このようなステップを「小さな習慣」にならって毎日コツコツとやっていくと、
「俺にはこんなことできねえ!!!!!だって、バカだから!!!!!(ドン!!!!!!!!!!!)」
なお兄さんも変化があるかもしれません。



ランキングに参加しています。応援よろしくお願いします。にほんブログ村 為替ブログへ
  -  FX検証・学習

PAGE TOP