パリス昼豚さんの5万円FXで再スタート! – FXブログ

パリス昼豚さんの5万円FXを実践しています。 →現在はFX勉強会の活動報告に変わりました。

トレンドに乗るか逆張りするか、どうやって決める?

   

           

こんばんは、まもです。

先週は1トレードでした。

なかなか時間がかみ合わずエントリーできないまま金曜日。
出社前にチャートが良い形になっていたので、エントリーして指値で利確しました(運よく先まで)。

トレンドが出ているときは、特にMAを使ったチャート分析を行うと乖離が大きい時間が続きます。
昔の僕をはじめ、経験の浅い人はトレンド中の逆張りをしてしまうのは、
ぽかんと開けたトレンド方向より、「MAまで戻るかもしれない」と見た時の利確ラインの確実性(それはまやかし)を、
見出してエントリーしてしまうのかもしれません。

特にこの2週間のポンド円は、4時間足では直近上昇の戻し、1時間足で下降から反転して上昇の場面でした。
ボケっと見ていると上か下かよくわからないような気が今でもします。
このようなときは、毎週の先生のチャート分析をなぞって、
「~~上昇~~その中で~~に達して~~~の動きがでないから~~」等と分析し、エントリーのタイミングを探っています。

ただ、やはり逆張り目線にとらわれると、どこでも反転しそうに見えてくるもので、
このような考えを払拭するには、自分の中にぼんやりとある「トレンドに従う時、逆らう時」を一度明らかにし、
そして一つづつ改善していく必要があります。

僕の場合は、最近では下手な逆張りを避けるために、次の条件のチェックを徹底しています。
・逆張りのルールに完全に従っているか
(目安に到達したときの形、到達した後の値動きの確認)
・利確はほどほどで狙えているか
(決してトレンドの初動と考えない)
それでもせっかちなエントリーをしてしまうので、先週から今日にかけての値動きは超!要注意、と感じています。

などと書いていたらトレードができました。

勉強会の参加者ができている僕のトレードより、良いエントリーと利確は緑の線です。
僕のトレードは待つことができていないし、ちょっと引っ張りすぎでした(個人的には、ここまで瞬間的に行くと思いました。。)

トレンドでもレンジでも、順張りでも逆張りでもはいれる勉強会の手法は、
首尾一貫した環境認識とがっちりかみ合った優れたものであると日々感じています。

それでは今週も落ち着いて分析して、良いトレードをやっていきましょう!



ランキングに参加しています。応援よろしくお願いします。にほんブログ村 為替ブログへ

 - トレード報告

  関連記事


PAGE TOP