パリス昼豚さんの5万円FXで再スタート! – FXブログ

パリス昼豚さんの5万円FXを実践しています。 →現在はFX勉強会の活動報告に変わりました。

FXは24時間トレードができるから難しい?

   

           

こんばんは、まもです。

先週のトレードです。

1時間足のレンジを思わせるような箇所からのエントリー。
その他、チャート監視中にいいトレードができるポイントがありましたが、
僕はそれをエントリーせずただぼーっと見送ることになりました。

反省は、「トレンドが発生していたためエントリー条件を緩和して波に乗ればいいのに、
ガッチガチの根拠を求めていた」ことです。
そういうシーンじゃなかった。



さて、
世の中の多くのトレーダーさんは、「FXは24時間トレードができるから休まらない。だからやらない」と言っているようです。
実際、日本時間とかヨーロッパ時間、指標に加えて突発的なサプライズ(これらはどれも勉強会では考慮しません)があり、
いつも動いている……イメージ通りです。

しかし、本当に「FXは24時間トレードできる」のでしょうか。
上の5分足の画像には17時間ほどが収まっています。
ここで都合よく天井底に丸を付けたとして、2~4時間置きに5回くらい発生しています。
思ったより少ないと僕は感じています。

さらにリアルタイムでは、未来のことはわからないので確実にチャンスと思えるエントリーポイントを探ると、
5回のうち2,3回より少なくなるのではないでしょうか(勉強会のエントリーポイントがそこにあるとは限りませんが)

したがって良いエントリーチャンスは午前午後に1度ずつあればいいほうだと考えられます。
事実このようなエントリーチャンスは、ほとんど毎日繰り返され、しかも6,7時間に1回の低頻度です。
慣れてくると、向こう30分、数時間はチャンスがないと気が付けるようになり、であれば違うことができる時間が生まれます。
逃せばまた次を狙えばいいです。
これから長い間トレードをしていくのに、その一回を血眼に狙うためにチャートにかじりつく必要があるでしょうか。

以上のようにFXをとらえると、24時間チャートとにらめっこして、売り!買い!売り!買い!というスタイルというのは、
5分足を軸にしたトレードでは疑問が残ります。

このように落ち着いたFXトレードを習得できるのも、勉強会の魅力です。



ランキングに参加しています。応援よろしくお願いします。にほんブログ村 為替ブログへ

 - FX検証・学習

  関連記事


PAGE TOP