パリス昼豚さんの5万円FXで再スタート! – FXブログ

パリス昼豚さんの5万円FXを実践しています。 →現在はFX勉強会の活動報告に変わりました。

シナリオに固執したトレードが環境認識と整合性がとれなくなる

      2018/08/02

           

こんにちは。

コンドルです。

【今週のトレード】

6月21日(木) 買い +12.3 pips  売り +18.5 pips

condor_60__convert_20180613145032.png


1時間足では下降トレンドが継続しており、戻しの上昇が高値水準に近づいた
相場状況であると判断していました。

ただエリオット的にはまだ上昇の可能性あるのではないかと見ていましたので
下げてからの買いシナリオで構えていました。

5分足でエントリーのタイミングを計っている中、シナリオに沿った
エントリー要件が揃ってきたと判断。

シナリオでは決済ポイントはもう少し高値を想定していましたので
比較的安全にとれそうなポイントまで値幅が低いのでどうかと思いましたが
思い切ってエントリー。シナリオに固執したトレードになってしまいました。

その後、〇〇MAから上げていかない状況と、上げていくであろうところから
下げてきたのをみて売りエントリー。もう少し下げが見込めそうでしたがルールに
沿った水準で決済。

売りのシナリオではもう少し高値をつけてからの下げを想定していましたので
シナリオ通りのトレードにはなりませんでした。


【振り返ってのケーススタディー】

〇買いのトレードについて

5分足で買いの根拠が一見あるようでしたが、1時間足の環境認識では下降トレンド
が継続しており、下げていっておかしくない水準に達していましたので

素直に売り目線で5分足で手法のルールに従った売りのエントリーポイントを
待つべきでした。

5分足に偏ってしまい1時間足と顛倒したトレードになっていると結論しました。
したがって売りの根拠が大事なところでした。再現性がありませんでした。


〇売りのトレードについて

1時間の環境認識で下降トレンドが継続しており、戻しの上昇が高値水準
近くにあると判断し、5分足でも高値水準から下げてきている事実を見ながら

戻しがもっと高値まで「戻すだろう」との憶測で、手法のエントリーポイントを
逃すことになってしまいました。そして遅れてのエントリー。
再現性のためには、もう少し高いところからのエントリーが必要と結論しました。

週末の動画解説において、先生から「買う相場ではない。『買わない』」との
解説があり、やはり売っていくべきところでありました。

また「売りの相場だと相場分析したのなら、売りの根拠がなくなるまで売っていく
ほうが勝てる確率が高いし大成する」と指導があり、
今回のトレードを反省いたしました。


【今後の対応】

引き続きトレード計画(シナリオ)の改善に取り組んでいきます。
今回のトレードの反省を踏まえて「売り」「買い」「レンジ」相場のメリハリを
しっかり認識しシナリオに盛り込めるように、1時間足の環境認識を
今まで以上に論理的に考えていきたいと思います。

今週は新しいパソコンに買い替え、トレード環境の再構築に時間を費やし
てしまいました。

おかげで生活のリズムもトレード訓練のほうもリズムが狂ってしまいましたが
来週からは今までの調子を取り戻して取り組んでいきたいと思います。





ランキングに参加しています。応援よろしくお願いします。にほんブログ村 為替ブログへ

 - 未分類

  関連記事


PAGE TOP