パリス昼豚さんの5万円FXで再スタート! – FXブログ

パリス昼豚さんの5万円FXを実践しています。 →現在はFX勉強会の活動報告に変わりました。

現金換算でリスクの取り方を考えたほうが心の内に落ちるのではないかと考えたり

      2018/08/02

           

こんにちは。コンドルです。
週始めの11月27、28日のトレードです。

condor 34 12月03日用


27日の1時間足では緩やかに下げながらレンジを形成し、レンジ下限からの強い
上昇のあと調整の下げがかなり長い時間かけて下降。レンジ下限まで下げ切らず上昇。
レンジ上限まで上昇せず○○○からの下げの戻りから5分足でタイミングを計ってトレード。
エントリーのタイミングは早い。

28日のトレードは、レンジ中間だったが、直近高値から下げ切ったと計測できる
ポイント付近で直近○○〇を形成したのを見て、5分足で〇〇〇を確認し上昇の
タイミングを計ってのトレード。いったん下げたあと上昇。

今週はトレード計画でエントリーポイント、決済ポイントをより具体的に明確にし
ルールに則ったエントリーと、決済をしようと
特に、ルールに従った決済ポイントには指値を置いて決済してみた。

そのあと週末までレンジ下限からの強い上昇から、5分足では際立った戻しもなく
上昇トレンドに転換。急上昇後のエントリーのタイミングを取るのが苦手なことと
ボラが大きくなって損失のリスクを考えたのと、
「ルール通りかな」と思うところで「こじつけ臭い」と考えてのスルーなどを
したため上昇トレンドでのトレードは見送り。

この一週間、他にエントリーが出来たポイントがあったかチャート分析した結果、
エントリーできただろうと思える根拠あるポイントが、他に5か所あったが
自分がチャートを見れる時間帯では2箇所。

週末の動画解説では、1時間足の環境認識はほぼ良かったように思うが
エントリーポイントはどちらとも早かったり、遅かったり。
○○○のカウントをもっと細かく見ていく必要あり。

今週は「リスクの取り方」について考えながらトレードしてみました。
損切り幅を通常よりタイトにしたり、ボラの広さと損切幅を考えたり。

また、pips換算でデモトレードしていますが、リアルトレードを考えて、
1回のトレードで10万通貨単位でのトレードで損切20pipsで20,000円、30pipsで30,000円。
現金換算で「リスクの取り方」を考えたほうが「心の内に落ちる」のではないかと考えたり。

自分の一回のトレードで損失を許容できる範囲、失っても許容できる資金の範囲について
もう少し考えを整理したいと思います。





ランキングに参加しています。応援よろしくお願いします。にほんブログ村 為替ブログへ

 - 未分類

  関連記事


PAGE TOP