パリス昼豚さんの5万円FXで再スタート! – FXブログ

パリス昼豚さんの5万円FXを実践しています。 →現在はFX勉強会の活動報告に変わりました。

『ムヴカソくん』を使ってトレードの復習資料を比較的簡単に作る方法

      2018/08/02

           

こんばんは、まもです。


突然ですが、チャートを画像にしてまとめている方々はどのようにされていますか?
(主に勉強会内の方に向けております)

パッと思いつくWindowsの基本ソフトを使った簡単な方法は以下の通りかな。

  1. alt+PrintScreenでアクティブウィンドウをクリップボードに収める
  2. ペイントに貼り付けて保存する
  3. ファイル名を変える

あるいは、アクティブウィンドウのキャプチャソフトを使うとか。これでチャート画面を保存できます。

この方法で満足できればいいのですが、タブレット等でチャートを見る場合、チャート以外のツールバーを極力削って保存したくなる方もいるのではないでしょうか。僕はその一人です。画面の一部分を保存する方法を考えてみます。

  1. Snipping Toolでチャートで必要な範囲を選ぶ
  2. (手がプルプル震える)
  3. (選択範囲を失敗し再トライする)
  4. Ctrl+Sで保存する
  5. 名前を変える

この1~5をひたすら繰り返します。
一週間のエントリーポイント、例えば1トレードにつき3枚を20回分まとめると60枚のスクリーンショット。僕の場合1枚40秒弱でも、集中力が落ちるので大体1時間以上かかっています。

細かい話ですが、1~3の間にストレスを感じることと、5の段階で「画像を切り取っていた後に文字を入力する」という頭の違うところを使うのがだるいです。これを以前から何とかしたかったのですが、なんとかしようとしていませんでした。

前置きが長くなりました。

解決策は、

  1. 必要な範囲を選ぶ→可能な限り自動化する(手が震えてもOK,失敗もしない)
  2. Ctrl+Sで保存する
  3. 名前を変える→後でやる

上記の通りやれば、1→2→1→2→………→3→3→3→……とできるわけで大変楽になります。
そこで紹介するツールが、『ムヴカソくん』。
20171002.png 

マウスポインタを特定の2点まで自動で移動してくれるソフトです。
僕の場合はこれを、Shift+aに割り振っています。操作は、

  1. キャプチャツールを立ち上げる(僕の場合はCtrl+Shift+S)
  2. Shift+a、クリック(左上が選択される)
  3. Shift+a、クリック離す(右下まで選択される)
  4. 保存する(僕の場合はCtrl)

これで完結します。キャプチャは1分に3~4毎ペースでできます。60枚のキャプチャが25分程度でできます。
単調作業ですが、マウス操作して、ファイル名変えて、とあれこれやるより個人的には大変楽になりました。

実際は、特定範囲のSSをショートカット入力で保存できるソフトがあればいいんですけどね。探しても見つからなかった(信用できないソフトを大量にインストールしたくなかった)ため、自分で作るほかないか……と思っています。

以上です。もっといい方法があれば誰かご教示ください。(TT)










ランキングに参加しています。応援よろしくお願いします。にほんブログ村 為替ブログへ

 - FX検証・学習

  関連記事

お盆だろうがFX相場は動く、環境認識の習慣づけは続けよう

こんにちは、どろんぱです。 暑さも一息ついてお盆真っ盛り。皆さんはいかがお過ごし …

先生の予測が見事的中。自分でもしっかりと勉強をして再現出来るように頑張っていきたいです。

正しい道しるべ FX勉強会

こんばんは。水曜担当のa k iです。 さて、ポンド円の相場の方はレンジが続き上 …

忙しい人

ノートレを貫いて、ほかにできることをやっていました

AWS(Amazon Lightsail)・VPSの検証~まとめ編

これを書いているのはワカイツです。 「スマホでfx」に近い形を実現すべく、VPS …

エントリーチャンスがない!?いやいや、ちゃうやろ。

おはようございます。先週久しぶりに夏風邪をひいてしまいました。 年々抵抗力が弱く …

飛び乗って損切……は5分足だけの話ではなかった話

僕とFXとビビリミッター

日曜日担当の まご です。おはようごさいます。 先週は65pipsの獲得で終わり …

FX検証作業してます part10


PAGE TOP