パリス昼豚さんの5万円FXで再スタート! – FXブログ

パリス昼豚さんの5万円FXを実践しています。 →現在はFX勉強会の活動報告に変わりました。

社畜なりのFX学習例

      2018/08/03

           

おつかれさまです、シンコです。

先週は、平日のうち日帰り出張が三回あり、なかなかチャートに向き合うことができませんでした。

夜中にパソコン開こうにも次の日が早いので、トレードするというよりもその日の動きをサッと確認するくらいに留める程度だったりします。
私生活においてとても重要な教育コンテンツであるエロサイトも観る余裕ありません。
非常に由々しき事態であります。
(下品で誠に申し訳ございません…)

そんなチャートをろくに見れない状況ですと、FXの世界から取り残されてる感が増長し、
私のような心が弱い人間はモチベーションが下がりそうになります(^^;;

このまま忙しさに埋もれてFXから距離を置いてしまいそうで怖いんですよね。
まわりの方々は日々上達して行ってるのに、じぶんだけが止まっているような感覚です。
多くの方はトレードが上手くなりたいというお悩みが多いかと思いますが、トレードすらできないという末期的な悩みもあったりするんですね(^^;;

幸い、先週は仕事の合間をぬってトレードする時間を確保し、しっかり20ピプスほど取りました。
たまたま開いたチャートで、
「あ、なんかこの形分かるかも?」という場面があったんですね。
これは日々 リアルタイムではないですが、単発的なプチ検証ができているからと思います。

勉強会のコミュニティに、ケーススタディというコーナーがあります。
(勉強会の皆様は、焼き土下座と言えば通じますよね!笑)
そこでは先生が毎日 過去チャートを元にエントリーのポイントを画像でアップされ、さらに環境認識や、チャートの分析、エントリーと決済の根拠などが明確に記されています。
毎日更新なので、一問一答式のドリル感覚でじぶんの引出しを増やすことができます。
もちろん同じ相場というのは無いので、丸暗記すれば即使えるというものではないのですが、このケーススタディは私にとって大変勉強になっています。

じぶんの引出しが増えていくのと同時に、
自発的に、自分で過去チャートをみながら、「ここはリアルタイムで見てたら取れてかも…」みたいにあれこれ考える習慣が出来ました。
リアルタイムでチャート見れなくても、隙間時間に模擬トレード?をすることで相場から取り残されてる焦りも無くなりました。

私と同じように 繁忙が続きまともにチャートすら見れないなんて方、いらっしゃると思いますが、
そんな中でも工夫次第でその人なりの学習方法が見つかると思います。
私の投稿が参考になれば幸いです。

シンコ





ランキングに参加しています。応援よろしくお願いします。にほんブログ村 為替ブログへ

 - FX勉強会

  関連記事


PAGE TOP