パリス昼豚さんの5万円FXで再スタート! – FXブログ

パリス昼豚さんの5万円FXを実践しています。 →現在はFX勉強会の活動報告に変わりました。

FX検証作業してます part1

      2018/08/03

           

こんにちは。コンドルです。

前回は初めてのご挨拶をさせて頂きました。

今回は「FX検証作業」について書きます。

下のチャートは先月の一日分のトレードです。

5回のトレードで合計+79P取れています。

さて、このトレード、いいトレードですか? 悪いトレードでしょうか?

先に答えを言いますと、

先生のFX勉強会で模範解答とそこそこ近似したトレードでした。

週末の検証作業で、先生の模範トレードと合っていることが分かると、

一言、「よし!」と気合が入ります。うれしいものです。

週末の検証作業?

それは、先生の「一週間の模範トレード動画解説」と

自分のトレードと答え合わせすることです。

condor03 3月12日用


この「FX検証作業」については

先生の勉強会に入る前にずいぶんと悩まされました。


辞書で調べると「実際に物事に当たって調べ、仮説などを証明すること」とあります。

FXのトレードに置き換えたらどうなのか。

「実際にトレードするに当たって、仮説(=手法)などを証明すること」となります。

そこで考えました。

商材などの「手法」が正しいかどうか、使えるか証明することにちがいないと。

FT2を買い込んで、商材にある手法を真似て
疑似トレードをやってみますが、うまくいかない。

なぜうまくいかないのか。やり方がまずいのか。

言われたとおりのことが、なぜできないのか。

レートの変化のバリエーションについていけず、
手法どおりのFX検証ができない。

自分が悪いのか、手法が悪いのか。

それすらも分からなくなり、挙句の果てに放り投げてしまう。

結局、なにをやったのかも分からない。

問題の核心がどこにあるのかもわからない。


そんな自分の思いに、先生の答えは単純明快でした。


「トウシロウが、自分で手法をつくるとか、商材の手法が正しいかどうか
 検証するなんぞは、100年かかっても無理。」

100年はオーバーですが、そんな趣旨の一文に会いました。

「そんなことに時間をかけても意味がないでしょ。お金を儲けることが先でしょ。」と。

「手法が正しいかどうかはプロがやります。皆さんは正しい「信用できる」手法に沿って、なぞって、
 同じことができるように訓練して下さい。そんなに時間はかかりませんから。」と。


目から鱗が落ちました。


手法が合っているかどうかを自分で証明する必要は無い。
専門のプロが「正しい」と証明してくれたものを使えばいい。

では、自分は何を検証するのか。

専門のプロが「正しい」と証明した「正しい答え」のとおりに、
できるかどうかを検証することだと思い至りました。

答えはいとも簡単でした。

言いかえれば、プロの模範トレード(正しい答え)を、自分が同じように
出来ている、出来てないを「検証」すればいいだけだと。

分かってしまえば簡単なことですが、
この答えを先生のブログで見つけた時は、腹の底に落ちました。

「まったくその通りだ。」と「まったく道理だ。」と。


分からない数学の問題が解けたときのような爽快感がありました。


そして、始めにトレード報告したような、「FX検証作業」をしています。


続きは次回に。





ランキングに参加しています。応援よろしくお願いします。にほんブログ村 為替ブログへ

 - FX検証・学習

  関連記事


PAGE TOP