FXトレードにおける「見送る」を実践する

日曜日担当 まご です。おはようございます。
先週は、大きく上昇した木曜日に85pipsほど獲得することができました。

そのあと下がらなかったものですから、そのまま上に行くのかなと思っていたのです。
調整挟んでから再上昇的なパターンです。
ですが、結局は上がりませんでしたね。

金曜日の朝、スプレッドが開いていたのでずっと見ていたのですが〇〇MAが接近してきてもかなり右の方まで来ても想定していた上上昇が始まらない。
うーんおかしい。
これは再上昇するパワーを調整・充填してるんじゃなくて、〇〇MAに抑えられきってるのかなぁ。
よく見れば4時間足の下降エリオット5波開始となってもおかしくないような…。
などなど色々な見方がでてきました。

不明・不安なときは手を出さないのが良いですよねぇ。

正しいところでエントリーできた!、しっかり損切りできた!とか練習段階では色々な、自分を褒めてあげるような部分があると思うのですが、不明なときに「見送る」という選択肢を選べたときは「しっかり見送れた!」というのも入れるようにしてあげたいと思います。もしくは
「あぁ~、損失逃しちゃう…」ってのが、ダメエントリーを誘発するので、そこをキッチリセーブできたのは守りが1つ強固になったってことで自分褒めをしてあげることにしようかと。

土曜日の解説動画では、イーサリアム(仮想通過)/円 を例に出した、大きいヒゲに関する話が聞けたのですが(手法とは違いますが)今回、上昇ではなく下降に至った話の一片として、これはとても印象に残りました。


■私生活
勤労感謝の日は、お台場近く、夢の島植物園に行ってきました。
植物園は安く入れて、人が少ない、入り組んでいて意外と楽しい(特に子供はよろこびます)。
夢の島というと、ゴミの埋め立て地の印象がありますが、その夢の島です。
1978年には埋め立てが完了して、そこに公園や植物園などができたということでした。
オリンピックのアーチェリー会場の建設も着工していましたよ。