FXの検証ならぬ、Amazon Lightsail・VPSの検証~成功編

これを書いているのはワカイツです。

「スマホでfx」に近い形を実現すべく、VPSでの構築を行おうとしたのですが、

FXの検証ならぬ、Amazon Lightsail・VPSの検証~失敗編

で、激重で使用に耐えないやら、前回は書いてなかったですが日本語化したのに
MT4の日本語化が出来ないやら(「表示」→「言語」で、「Japanese」を選んで再起動しても変わりませんでした)
で、諦めて日本のVPSサービス使ったほうが、値段が初期費用もあって少し高いですが、
そのほうが楽だと諦めてました。

次の日になって、

「日本語化する前はサクサク動いていた気がしたので、日本語化せずに、MT4等をインストールしたらどうだろう?」

もちろん、英語のままで使うのはフィボトレードの一部インジケータの使用に影響が出てたので
本来あるべき姿ではないですが、どうなるかだけ試してみようと思いました。

今回は以下の手順で行いました。

日本語化する前の状態ではサクサク動いたので、これならいけるかも?って思いました。

合わせて細かなことは置いておいて、色々調べて

Amazon EC2~windows server 2012を日本語化してみる編~
https://recipe.kc-cloud.jp/archives/3703

について補足が必要のようなので、該当記事の手順に加えて、

「11. “Override for Windows display language”に先ほどまではなかった「日本語(日本)」が
追加されているので選択します。」
のところで、選択の下の方にある「Override for default input method」を
「Japanese – Microsoft IME」へ変更します。

合わせてログオフ、再ログオン後に、
「コントロールパネル」⇒「日付、時刻、または数値の形式の変更」に行って、

「管理」タブ⇒「システムロケールの変更」から
「現在のシステムロケール」を「日本語(日本)」にして再起動します。

こうすると、

・前回とは比べ物にならないくらい、サクサク動く
・出来なかったMT4の日本語化が出来た

ことで、日本語化の前にアプリケーションのインストールをしたからと言うより、
日本語化で該当記事の手順が足りなかったのではないかと思っています。

今試すまで余裕がないので、その辺りまでは試していません。

先日の座談会の時に一部の方にお見せしたのですが、十分に利用に耐える状態と思えました。

次回、自宅デスクトップのMT4設定との同期や行った細かな設定のお話をしようと思います。