FX勉強方法はデジタル派?アナログ派?それよりも時間の選択と集中かしら?

こんにちは、どろんぱです。

昼間は暖かく朝夕は冷え、季節感ある感じになってきましたね。
私は最近職場の環境が変わって。ネット環境というかPC環境が限られてきたので
デジタルだったシナリオ立てをアナログに戻しました。
これまでは朝立てたシナリオをPCで見ながら、
適宜ポイントを書き込んでCS兼用みたいに日々のすき間時間を過ごしていたんです。

が、それもままならなくなったので、今はPCではこっそりシナリオ立てがしにくい為、
朝立てたシナリオを印刷してノートに貼り、細切れながらも
すき間時間にチャートをざっくり見て、手元のメモ帳にセンテンスを書いています。

手書きだと、デジタル(テキストエディタ)の時より思考が
頭に入るようになりましたが、デジタルのほうが整理がしやすいです。
(まとめた後の見直しもしやすいです。
フローを見るにはアナログがいいかと思いますが、工夫次第かな)

そのため整理が終わってない状態でもあるので、帰宅してまとめなおさないと、
トレードするにはいまいちな感じがします。(実際手間がかかりますw)
なんか時間の無駄のようにもw、、、腰を据えてやる時間のほうが効率的か。

そんなこんなで環境が変わってからのやり方は試行錯誤しています。
その場でやらないと、あれ何でこう考えたんだっけ、というのもしばしば。

いっそのこと朝のシナリオ立て、帰宅後のシナリオ修正のほうが
集中できていい気がしてきました。まとめるのもじっくりできますし。
選択と集中ですかね?昼間の空き時間は思い切って手持ちデータでCSに当てるほうが、、、

書いてみて、、、改めて一から時間の使い方を再考する必要がありそうです。

===================================
以下はここではいまいちと指導いただいた場所での買いでした。

解説動画を見てると分かるんですけどね、実践理解不足でまだまだです。
長い足での全体感には特に至らない部分があるのがわかったので
レンジ時の振る舞いは改めて復習しようと思います。

===================================
身につまされる話というか、今週の動画で一番印象的な指導は2つ。

一つは「先生は)いつも本音で語っている」ということ。
先生のブログを読んでいると分かるかもしれませんが、
勉強会ではもっとずばずば言っていただけます。
逆を言うと学ぶ側の私たちも「本音で語らないといけない」ことの現れかと。
勉強するんだから効果も考えれば当たり前ですが、
本音で話す(前提は教えに素直である、のがポイントと思いますがw)
のは、私たちもいろいろ踏まえた上でそうすべきでは、と思います。

2つ目は、勉強会に参加するということの本質を再度認識。
入会して、手法学んで、トレード結果を共有しあう。
そうでなければ参加していることにならない。
(参加しないなら読んで分かっているつもりなだけ
アウトプットは自己学習にも非常に重要なので活用すべき)
週に2回ほどのトレードですが、半分以下程度しか
勉強会の中で共有できていないことは自戒の一つです。

なんか自身で修正すべきところを自覚してしまった内容ですが、
この辺りをひとつずつ改善していこうと思います^^