相場の状況に合わせてシナリオを作り、変化する動きに対応していく

こんにちは、どろんぱです。

本日は先週自身が一番ポイントだったなぁと思うことを紹介します。
「相場の状況に合わせてシナリオを作り、変化する動きに対応していく」
動画解説のなかでこのような主旨のコメントのがありました。

先生の解説を聞き終わり、ふとそこで自分を振り返ると、ここにも課題があることに気づきました。

=========================================

朝環境分析をした場合、長い時間でのシナリオが「買い」だったとします。
そして、このときに短期足でシナリオを立てたときに「買い」を考えていたとします。
(この場合は長短期でともに「買い」という選択になっています)

この場合、決めたルールに当てはまれば「買い」当てはまらなければ「見送り、次のチャンスを待つ」となる、、、訳ですが、相場の展開により、この後の時間で「売り」が出来る場面が来る場合もあると思います。

でも、実は正直なところ、結構な確率で売りを見逃します(先生ごめんなさい)。

時折、無条件で自分の目が「買い」になってしまって、後から見るとこのタイミングでここは「売れ」たな、と(事後なんで苦し紛れかもしれませんが)、、、気づかなかった、と反省しています。

=========================================

この原因は「相場の動きに対応してトレードできていない」ということが現れているんだと感じます。
そこにいたる主たる原因はふたつあって、

・長短期で「買い」だから「見送っても今後も買い」だろうという大方針に縛られる。
→これは、もし長い足での根拠となる水準(勉強会で使っている指標)にまで相場が動いていれば、多少はアンテナにもかかりますが、そうでない場合に「ここはやっぱ「買い」だよな、止まる根拠ないし」と短絡的に考え、短期足での「売り」チャンスを考えることが出来ていない、というのがひとつ目(要は思考停止とも言えると思います)。

・経験(事前のCS)が足りなくて、どうしていいか分からない(大きな方針しか見えずに視野が狭い)というのがふたつ目でしょう。

千里の道も一歩から/ローマは1日にして成らず、とはこのことで足りない部分を少しずつ補っていくしかないと思い直す今日この頃でした→先生の言っていることは当たり前だよなぁと改めて感じます。
(毎週これを書くたびに思っている気がします、、、、)

今週もよろしくお願いします^^