上がり切った相場、本当に反転?感覚での逆張りは止めよう

こんばんは、まもです。

先週月曜日から火曜日にかけてのエントリーです。

揉んでいるところからの下落。
エントリーの根拠は、4時間足、1時間足の抵抗と、直近5分の上昇が弱かったことから、フィボナッチの値を参考にエントリーしました。
利食いはこれもいつものフィボナッチあたりで。
幸い利確の指値に引っかかりましたが、反転ギリギリのラインでした。

その後直近高値を大きく超えていったため、買いでとるのが最も良い相場でした。
(先生も買いで150pips以上取っていました)

数週間前から続いていた下降のところから反転していく環境がまだ苦手です。
様々な根拠から、売り継続という考えに至るものの、あとから見てみるとそこ買うところじゃん……となることが結構あります。
環境認識で変な癖がついているのでこの相場では意識的に「押し目からの買い」を探すようにかなり注意している最中です。

さて、
本『小さな習慣』の通りに、毎日5つの習慣作りに励んでいます。
これは以前書いた通り、できるようにとても簡単に超えられるハードルを設けているため、
達成度は実施し始めてから100%です。
トレードの勉強もそうですし、トレード前にルールの再確認をすることもそうです。
しかしトレード自体は、うまくいかないときもあるので、習慣には部屋の片づけなどを加えてみるのもいいかもしれません。

僕の場合は、1年前まで特別片付けられない人間でした。
とはいえ、散らかっているほうが落ち着くわけではなく、散らかっていても仕方ない、という心境でした。
机の上は整理が行き届いているほうが集中できる、だけどそれは叶わない、というあきらめがありました。
それから小さなことが積み重なり、今は片付けができなくもない程度になりました。
面倒に感じることもありますが、毎日1つ多めに片付ければ部屋はきれいになりますし、
ちょっとさぼるとすぐ埃がたまります。
その埃がたまらないようにすることが今では多少楽しいです。

このようなマメな取り組みと、トレードが改善していく自分を重ねながら、今週も「逆張り的思考を行動に直結させない」よう、
取り組んでいきたいと思います。