勉強会での環境認識を学んだ結果の従前との比較?

こんにちは、どろんぱです。

いやはや暑いですね。梅雨も明けて夏へまっしぐら。
連休タイミングで梅雨もあけお休みを楽しんだ方も多かったのではないでしょうか。

===========================

今日は、とある日のトレードの心境の移り変わりを書いてみようかと。
取り上げるのは以下のトレードです。
drp20180710_2.png

画像は○分足ですが、日々まずは大きな時間足を見て現況を確認(環境分析)します。

「○足はいったん止まりそうだが、○○を一気に戻してるから勢いはこっちか」
「○足基本的に○値更新しながら、○○に沿って上にいる」
「○○○○○はこの値までは届いているので、一度は止まるかな」

というようなことを考えて、自分なりに環境分析を行い、次に画像の足へ。
このときは帰宅後に➀よりも少し前のタイミングで相場を見てまして、

「直前の○○は戻されてるし、ある程度は伸びて勢いはそがれるか?」
「流れから見てると○○○○○に当たりそうだけど、そこまで行くかな」
「○値更新したわけでないし、基本は上かな」
「じゃ、チャンスが来たら、ここまでを目標にしよう」

と方向感を決めてタイミングを待ちます。

➀「狙ってた場所辺りで動いた、条件はそろったし、
  目安の○○はクリアしたのでエントリーしよ。
  上がるかな、、、まだ動かないなー、ま、待つか」

エントリーしたときは、こんなことを考えています。
とは言ってもすぐ動くわけでもなく様子見しています。

②「ふう、とりあえず狙い通りに動いた!ここまでは予定通り。」

と思いましたが、相場は少し逆行します。

③「あらら、一気に戻された、が一本待つか、、な?
  確実に○○○を割った訳ではないし、、、
  んー、でも、一気に来たら逃げる。けど今はどうしようかな」
  (落ちたときのシナリオは想定していましたが、しばし悩む)

 「あ、戻したね、ここの部分もポイントやね、ここでも入れた?
  ○○○が有るからね。(ちょっとホッとしています、、、)」

④「うんうん、想定した方向感で、そのまま上昇。
  幾つかの○○○○○○○○の値と○値も重なるし、ここで決済」

===========================

この日はこんな感じでトレードを終えました。

もし勉強会に入る前だったら、上のような感じではなかったです。
各フェーズでもっとあたふたしてたと思います。
きっと、いや、間違いなく下のような感じですかね?

(➀のところではねたから、これから上がりそうと目算する)
➀「よし、後は上がるのを待つだけ、ドキドキ、、、まだ上がらん」
 (必ず上がると信じる、今思えば意味不明)
②(以前なら、10-15pips程度で、ここで決済してると思います。)
③「うわー、落ちてきた、さっきのとこで決済しとけばよかった!
  もうあかん、建値で損切りしよ。」
④「あーw、上がった損切りせんかったらよかった。」
 (下手をすると、ここでもう一度エントリーする。)

前半に書いた思考が正しいものかどうかはおいといて、
「今」は落ち着いて考えて、手法に沿って判断してる(はずな)ので
多少迷うことはありますが、自分の中で安定感はあります。

長く続けていく上で、落ち着けてるというのは、
精神的負担も減って、目的にたどり着くためには超重要ですね。。。

今週もよろしくお願いします^^