サラリーマンとFXの両立 -私の場合-

日曜日担当 まご です。おはようございます。
サラリーマンとしてIT関連で働きつつ、FX勉強会で修行しています。
今日は1日のタイムチャートをご紹介します。

その前に、記事の結論は以下。
・勉強中の手法の対象通過は基本1つで監視の負担が少ない
・ファンダメンタルを見なくてよく監視の負担が少ない
・チャート分析が全て

我々サラリーマンや、忙しい人でも取入れやすい手法 ってことになると思います。
以前、よそで学習していた手法は、ファンダ見ましょう、複数通過見ましょうでしたから大変でした。
今年3月の修行開始から未熟ながらも結果が出てきていて、今月は中間180pipsとなっています。

私の毎日は、だいたい下のようなタイムチャートになっています。
FXにかける時間は、3~4時間+仕事中こっそり対応です。

timechart.png

■6:30 朝のタスク
・子供2人のオムツを換えて着替えさせる
・お風呂を洗って夕方に沸くようタイマーセット
・保育園の連絡帳を書く
・朝食を食べつつ食べさせつつ身支度をする
このときは、食卓自席の後ろにあるウォーターサーバーにノートPCを置いて値動きを見つつ隙を縫ってチャート分析を行います。

■9:00ごろ
会社について、始業までの10分間に分析の続きと買い目線売り目線静観 を決めています。

■仕事時間
仕事中は会社PCをFXにも使いますが^^;おおっぴらに画面が使えないので、こっそりMT4を起動して小さな画面で、気づいたときにチラ、チラッと見て分析ます。トレード確度が高そうな場面になった場合は、いつも使ってるノートPCを持ち出して階段の踊り場的なところに移動し、3分ほどで再分析。発注するか様子見するか決めています。トレード報告も同じ感じでやっています。

ただ、上記のように落ち着いた状況ではないので分析が浅く安易なものなる可能性もあり、よっぽどでなければ見送ろうという心持ちでやっています。観察で予想どおりになるか見るのも勉強になるよねって。逆に「よっぽど」であれば勝率も高くなるのかなと思います。

懸念事項:業務中のチャート分析が見つかったときの懲戒処分

kaiko.png

■12:00
お昼は、なるべく簡単に食べられる おにぎりやサンドイッチなどを家から持参しています。
たまに外食するときは、大好きなラーメン。その後は会議室か休憩エリアでチャート分析。

■18:00
定時です。残業となる場合もありますが、私は基本定時で上がる人間として職場の人にも認知してもらえるほど定時であがりまくりました。業務自体も定時で終わるように仕向けています。家に帰った後は、食事や子供の世話や入浴、からのしばしまったりタイム。

■21:00 or 22:00
日によってバラツキはありますが、だいたいこの時間から一人になれることが多くて、FXの勉強タイムです。もちろんトレードも。

こんな感じで笑いあり涙ありのFX修行を続けています♪
サラリーマンといっても様々な方がいらっしゃると思いますが、何かの参考になれば幸いです。