FX勉強会へのチャレンジをふと思い出す、、、、リアルさを感じないとね FX勉強会の生活 (63

こんにちは、どろんぱです。

今回は数年前に私が勉強会へ入る前のことを少し振り返ってみようと思います。
ま、いろんな情報教材を購入して、全然芽が出ないのはあるあるでしょうが、、、、
例に漏れず奈落への一途をたどってました。

その次に考えたのは、できることなら人に教わりたい!
ある意味他力本願かもしれませんが、自然な流れかと。

過去私はとある別の勉強会に参加したことがあります。
私の相場への姿勢に問題もあったかと思いますが、
残念ながらそこでは結果が出ませんでした。
(思えばいまこうやって書けるのも、結果が出つつあるからなんですがw)

過去いた勉強会はこんなところでした↓

「線の教材と掲示板形式の勉強会」

ここについては、PDF教材を学んだ上で
検証をひたすら行うという方式でした。

当時明確なルールは示されず、PDF教材にて紹介された線の引き方や
相場への考え方を用い、検証を行って自己トレードルールを作成する。
再度検証し、そのルールで勝つことを確認する。
そしてそれを実践していく、という指導を行うところです。

すでに考え方は明示されているので、参加者のポイント等は
ある程度集約されますが、一握りの方はぐんぐん勝っておられて
独立もされていき、私もいつかは勝てる?と思う雰囲気の勉強会でした。
質問板や情報共有は有り、活気はあったと思います。

私自身は、指導どおり複数時間足を見ながら、紙とペンで数年分の検証をしたり、
実際にローソク足の動きを書いたりして、学習を続けます。
仮想ルールを作り検証し、自分のための自己ルールを作成するのですが、
どうにも上手くいきません。
(どこかで先生も指摘されてましたが知識のない中での仮想ルールはたかが知れたんでしょう。。。)

検証を行い、自己ルールを作成するということに大きな魅力は感じましたが、
作った自己ルールで勝つ兆しが見えなくて疲れがたまり、
また、関連教材が継続拡販されるので、月の定額以外に出費が増えていきました。
2年程いましたが気持ちも折れてしまい、続けられなくなってしまいました。

その後はまたまた情報教材をいくつか渡りましたが結果は出ず、
アフリリンクの多いサイトの情報を鵜呑みにして数年。
そのうち各FX関連サイト情報にも慣れ、
教材アフリエイターさんは多少見分けがつくようになってきたかな。
google先生の力を借りて、FX関連情報を漁っていました。

そのころ先生の1世代前くらいのブログを見つけることが
できまして、しばらくROMってました。
その当時中身を読んだ感想は
「言いっぷりはキツイ」「中身は普通」「アフリ広告がない」
実は中身が「普通」って事が一番気になったんですよね。
ディスってるわけではまったくありません。

過去から読み返してみると、納得感も十分にある普通なFXブログ
言い替えるとリアルな感覚や考えが書かれているFXブログだと思います。
当時は2世代前までさかのぼって内容を確認してしまいましたw

紹介されていた勉強会の話も興味がありましたが、
以前の勉強会のこともあり、チャレンジには躊躇していました。
でもしばらく読み続けていると、感じることはリアルだし明確に物事はっきり書くスタイルだし、
先生を信じてもいいだろう!と思うようになりました。

そして、もう一回チャレンジしてもいいかな?と思うようになり、
今、こうやって参加しこのブログを書いているわけです。

こういう風に感じで入ってこられたメンバーも
結構いるんじゃないかな?と思い今回書いてみました。

今週もよろしくお願いします^^