本物ケーススタディで素早く大量に意味のあるやり方で気付きや引き出しを増やしていきたいです

おはようございます。ナカタカです。

勉強会で推奨されているケーススタディなんですが、それは毎日コンスタントにやることで相場を見る力が養われていきます。

私もやりはしますがやり方が悪いのか
今一身になっていない感じがします。

さらに、ケーススタディする期間も適当で不安を感じながらやっています。

そこで、先生が特別配信しているケーススタディを詳しく教える動画を見る権利を得て早速見た所

やはり、間違ったやり方や足りない事がありました。

動画では、まず始めに
ケーススタディをやる意味から説明しており
その意味を考えながらやらないと効果が半減することになります。

ケーススタディの意味を説明した後は
実際のやり方の説明なのですが、

すごく丁寧に、
ケーススタディをする期間の探し方から
根拠となる事柄の探し方とそれを文章化するやりかた

さらに先生が実際にやっているチャートを画像にして文を張り付けるやり方も
教えています。

この一連のやり方を見ると普段先生が

「ケーススタディは素早く大量にやりましょう」

と、言っているのが分かります。

私は期間を探すのですごく時間がかかっていたので今回の動画は目から鱗でした。

しかも、画像化も

「うん?」

となるぐらい自然にチャートから
スムーズに画像にしていたので
是非真似をしてみたいと思います。

後は、実際にいくつかの期間でやっており、一見なんの根拠もないような所でも
実際にケーススタディをして頂いているので

「やり易いところだけしかやっていないのでは?」

と、いう事がありませんでした。

本当にケーススタディのやり方が
ガラッと変わります。

他にも文章化はしないけど重要な◯◯や
先生のケーススタディ集を100%生かす
方法も説明しているので

この動画1つでケーススタディについて
はマスターできます。

マスターしたら後は自分次第です。

動画を見ただけで自己満足にならないようにケーススタディを素早く大量に意味のあるやり方で行っていきたいです。

本日もありがとうございました。