FXフィボトレード、また○分足ガン見とCS(ケーススタディ)と

これを書いているのはワカイツです。

ここ最近はFXのトレードが週1回とかでしたが
連勝続きでした。

どこかで痛い目に会うだろうと思っていたら
案の上そうなりました。

先週は、

・1勝はしたが、○時間足の環境認識的には
もっと待ってのエントリーが正解。
○分足だけのエントリーで、ほぼ偶然取れたところ。

・1敗。完全に環境認識できてなくて
飛び乗ったトチ狂ったエントリー

→先週のトレードは○分足ガン見の癖と
「待たない」癖がまた出て来ました。
対策はやっぱり、まずは○時間足の方を…、ですね。

FX勉強会内のオンライン座談会で「待つための対策」を
書かれていた方がいました。

始めに読んだときは、この対策面白そう、だったのですが、
自分も本格的に使うときが着たかも?と思いました。

直近だけ見ると、「一週間の利益なくしてしまった」で
あーあーってなってました、

それでも、そもそも今の自分は「学習中の者」なので、
目先の勝ち負けじゃない、大事なところはそこじゃない、
ことをもう一度思い出したりです。

再三に渡ってCS(ケーススタディ)のお話をしていますが、
対象について、今こんな形で行っています。

一つは一つの期間を今行っていますが、
出来そうなところを通しでやってみてます。
以前はえり好みしてて、歯抜けになってました。
その場合自分がどう振舞うか含めて、対象にしてみてます。

あわせて、失敗トレードの方は、CS(ケーススタディ)で
どう言う見方・分析するのがいいのか、の
振り返りが出来る場面と思うので、
この箇所も対象に入れました。

今は「リアルタイムで見る時間が少ない」と言うより
これは実際は、前からそうだった、ですが、
○時間足の分析・環境認識がやっぱり足りないって、
気づけてきました。