ガチホ、ダメぜったい

おつかれさまです、シンコです。

先週、インフルエンザを患ってしまい
休養している間に溜まった仕事を片付けるべく
現在、多忙を極めております。

あまりにも繁忙の具合が激しいので、
上司に、「キツイっす」と申し立てたところ
「仕事は出来る能力のある人に集まるんだ」と諭されました。
とりあえず心の中で中指を立てておきました。

話は変わりまして、
仕事の関係で、得意先とお話しすることがあるのですが
ここ最近 その方からちょっと近寄りがたいネガティブオーラを感じます。

打ち合わせで会話すると、明らかに相手の調子が悪そう。
会話が空回りしてキャッチボールがうまくいかない。
私のしゃべり方が良くないのかなぁなんて気にしてたんですが、
どうやら違ったようです。

その得意先は、仮想通貨に投資をしていて
それが近々の下落で被害を被ってしまったとのことでした。
一時は調子が良くてかなりドヤっていたのですが
見る影もないくらいに大人しくなっていました。

またその方は株もやっているのですが、
今週に入って、上昇が続いていた株価が暴落したとのことで
恐らくそちらでも被害を被っていると思います。

他にも別の知り合いで、仮想通貨や株をやっている人達がいるのですが
彼らのSNSを見ると軒並み損失を出しているようでした。

私は仮想通貨も株もやっていないので、
知ったようなことを述べることはできないのですが、
彼らの投資のスタンスは、以前から怖いなぁと感じていました。

基本的にはガチホで(買ったらガチガチにホールドする)
相場は上げ下げを繰り返すが、長期的には上がっていく、
そういう思想で長期保有をしているようでした。

仮想通貨も株も、この一年では確かに上昇基調のようなので、
そういう戦略を取る気持ちは分かります。

スイングトレードのような形とも見れるのですが、
彼らの戦略は、下落に対してのリスクヘッジを怠っている点で
素人がギャンブルをやっているような印象を受けました。

買えば誰でも儲かる、みたいな感覚でやっているとしたら
一時的に利益を得ることはできるかも知れませんが、
それは実力でも何でも無く、ただ時期に恵まれただけだと言えます。

私はトレーダーとして、スキルを身に着けたいという思いがあり、
それは一生使える普遍的なものである必要があります。

時期に恵まれて 買ったら誰でも儲かる、みたいな投資は
水もので極めて不安定なように感じてしまいます。
一時のビギナーズラックで稼ぐことほど怖いものはありません。
(あくまで個人的な意見です。)

今教わっているFXのトレードスタイルは、
相場により多少のやりやすさの波はありますが、
基本的にはテクニカルで勝負できます。

堅実にスキルを磨き、利益をコツコツを重ねていき
どんな相場状況でも最適にフィッティングして永続的に稼ぐ。
これは自分にとっては理想的なスタイルです。

仮想通貨や株はニュースに取り上げられやすく
そのため余計なノイズとして耳に入ってきてしまうのですが
惑わされることの無いよう、真摯にFXに取り組んでいきたいと思います。

シンコ