FX勉強会、生活が変わるのでフィボトレードの向かい方を変えます

これを書いているのはワカイツです。

FX勉強会、自分の生活が変わります

の続きです。

どちらにせよ、FXフィボトレードでは
○○時間の環境認識の方が出来てないと
以前と変わらないですし、
自分がわかるところでエントリーしないと意味がないので、
ある程度制約のある中で、どれだけ出来るか試してみたいと思います。

先週の師匠の動画解説で

はい。

に関わることですが、

-----------------------------------—-
たくさんpipsを取るとか、
トレード回数が多いとか、
レベルの高いトレーダーがやることではない。

そう言う意味では普段どおり一週間に2回とか3回ね。
1回とかね。そう言うトレードでもいいですね。

アホみたいに5回も10回も100回も
一週間にやる必要はないと。
-----------------------------------—-

また、将棋の感想戦を例えにしたお話がありました。

先週の相場はどう考えるか、迷った部分もあったのですが、
比較的分かりやすかったような気がします。
振り返りを休日の学習の一つとして加えました。

これはFX勉強会で必須のインジケータがなければ出来ない
ことですね。

少し暗い話になりましたが、
どちらにせよ、勉強会内のメンバーも
ブログのAチーム、Bチームの方々でも
日中リアルタイムにチャートにはそれほど向かい合えない状態で
学習に励んでる方も多いですし、以前座談会で話題になった内容でもあるので、
自分がどう言う取り組みになるか、ある意味楽しみでもあります。

しばらく引きこもりに近い生活していましたが、
「朝支度して玄関を出る」と脳のスイッチが入るのもあるのと、
短時間ですが歩くので、自分の脳的にはいい環境でもあるんですね。

自分の脳が少しはまともになりそうなので、
リアルタイムで行わない学習は
かえってより前に進むかも?とも思っています。

一番いいのは、

「ラッシュのない電車で30分以内でいけて、
出社9時って時間の制限はなくて、
PCにMT4はインストールしても見てもよくて、
エントリー中はチャートに集中できて、
その他の自分の分かるところではない時間は、本業をやっている」

そんな都合のいい職場はないです、はい。

観念して、相場と自分の環境に合わせて、出来ることを行います。