お風呂入ろうは○亡フラグ!?相場に日常を合わすのではなく、日常を相場に合わせた生活を送るようにしたいです。

おはようございます。ナカタカです。

今回は先週のトレードで気になった事があったのでそれを記事にします。

先生が前に

「チャートと日常は切り離せない」

と言っていました。

その時は

「そんなの当たり前じゃないの~」

と思っていたのですが、
本当の意味で理解していませんでした。

勉強会ではいくつか格言?
みたいなのがあり

その内の1つに

「エントリー後のお風呂入ってくるは◯亡フラグ」

というのがあります。

思い当たる人はいませんか?

そこで、

先週のエントリーポイントです。
bulogu.jpg

何気ない下降トレンドですが、

私は環境認識をした後に19時前ぐらいに
矢印でエントリーしました。

で、上手い事下降していき
フィボナッチのある数値に指値をおきました。

しかし、上に戻っていったのですが
これは想定内で

上にいった理由は勉強会で学んだパターンです。

だから、下に行くのは確実だったので
待って、指値よりも少し早めに利益確定しました。

これも、びびっての利確ではなく
○○の値に来たので手仕舞いました。

文章にすれば、何気ないいつもの取引に思いますが、

このトレードの間に

仕事から帰り、パソコン電源入れて
環境認識してエントリー

その後、チャートを気にしつつ息子に
勉強を教えていて

そしたら、嫁が買い物から帰ってきたので
荷物を取りに1~2分パソコンから離れる。

夕飯なのでパソコンの画面を見える位置にして食べる
その後、嫁と息子は風呂に行ったので
その間はパソコンをずっと見ていました。

ここまでで、先程の反発が止まり停滞していて
いつ下にいくのかを待っていました。

そこで、私も風呂に入らないといけないので

「10分ぐらいは大丈夫そうだな」

と、風呂に入ろうと準備をしながら
パソコンを見ていたら

相場が動き出してそのまま
数分で一気に利確した値までいきました。

今回のような事が私はよくあり

寝る時間だから指値、逆指値を置いて寝る。
出かけていた
トイレに行っていた

それで、損をしたり取れる利益を逃したりしました。

最近はエントリーの最中
はそういった事にならないように

夜が遅かったり、出かける用があり

どうしてもパソコンから長い時間離れないといけないような
状況の時はチャンスが来そうでも見送るようにしています。

ですので、

まだ兼業でやってる間は
相場に生活を合わせて取れるチャンスを
しっかりと取っていきたいです。

今回のエントリーはそういった事を
リアルに感じた取引でした。

本日もありがとうございました。