FX相場という大海で羅針盤もなく航海すると残念な結末が見える FX勉強会の生活 (41

皆さん、こんにちは!どろんぱです。

師匠の週末動画を見て(前から思っていますが、改めて)
思ったのですが、聞き手に「誤解のないように」
緩急つけた表現を頂いているなぁ、と感じました。ありがたい話です。

「ここはこのような考えに基づくからこうなるし、
 こういうところは、どのように考える」

的な解説がしっかり有って、聞いているほうも納得ですし、
進んでいる方向も間違いないんだと安心します。
(これが勉強会にいる一番の効能だと思います。)

確かに手法だけなら数週間あれば覚えられるし、使っていけると思います。
手順どおりの判断で環境認識をしていくと、自ずと方向感も見えてきます。

ただ、実力的に環境認識できているかというと、精度も含め、
師匠のような「説明できる感覚」をもって環境認識できるには、
まだまだ時間がかかりそうです。

そういった意味で真のトレーダーになるには、
(当たり前ですが)まだまだかかりそうだな、と
感じたこの2週間の週末講義動画だったように思います。

では、先週からの課題の振り返り。

・「正しいところできっちり入る」
・「粘るところは粘る、そうではないとこは目標達成したら終える」

というのが課題です(永遠の課題かもw)
先週は3日間20-24時に張り付いてトレードチャンス2日間。

drp20180118.jpg

1.1回目はタイミングはいまいちだけど、自分がいる時間で入れるなら
 ここしかないと思って入りました。押し目買いのところですね。
 週末動画では◎ではなく○~△のタイミングだったように思います。
 そういう意味では私自身の認識どおりです。
 でも◎のところで入るのは、そのタイミングでは難しいなとも思いました。

2.週後半の急上昇のところですが、これビビッて入れませんでした。

うーん、来週は、この二つにしようと思います↓

・「正しいところできっちり入る」(再)
・「判断に基づき、勇気を持って入る」

これをクリアできたら、先週決めた2個目の

・「粘るところは粘る、そうではないとこは目標達成したら終える」

を、改めて見て行きたいと思います

FX相場という大海に羅針盤もなく一人ぼっちで航海するのは、
残念な結末が見えそうですが、勉強会というコンパスを備えて、
座談会を含め情報を交換しながら進む航海では大きく違います。

一人で間違った航路を掴まされて迷ったり、
何もかも手探りな航海をするのとでは異なります。
(過去にそんな航海をして何度も沈没してきましたがw)

とは言え、漕いで進むペースはそれぞれでしょうから、
みんなが一艘の船に相乗りしているわけではありません。
着いていけない船は自分のペースで後からついて来るか、
力尽きて沈没するかなのですが、
できるだけ多くの仲間がそれぞれの目的地にたどり着いて
座談会でそんな話をする日が来ればいいなぁ、と密かに楽しみにしています。