流行りの仮想通貨について考察(独断と偏見あります)

おつかれさまです、シンコです。

今年に入って、
某財閥系グループのファイナンス関係の会社に通っております。
仕事の打ち合わせのため、毎週その会社にお邪魔している形です。

一等地のオフィスビルに構える会社ということもあり、
内装がオシャレで、執務空間が広くて、設備が近代的で、
どうせ働くならこんな環境がいいなぁと思ってしまいます。

おまけに受付のお姉さんが美人なので
遠巻きにお姉さんを眺めては癒されております。

その会社がファイナンス関係ということもあるのでしょうか、
エレベーターの中にデジタルサイネージ(ディスプレイによる情報表示)があり
壁付のモニターでその日の為替・株の情報が流れていました。

これも時代かな~と思ったのが
仮想通貨の相場についても、当然のように流れていました。
そのうちテレビのニュースなどでも定番で流れるようになるのでしょうか。

今日たまたま見た為替情報によると、
仮想通貨が軒並み急落したと出ていました。
銘柄にもよりますが、20%~40%といった数字のようです。

というか、今日だけが特別というわけでもなく、
数十パーセント規模の下落と上昇を繰り返しながら
いわゆるバブルのような状態になっているように見受けられます。

過去にも同様の下落があったようなので、
仮想通貨をやっている方にとってはそこまで珍しくないのかもしれません。
今回はけっこうな下落のようですが・・・

FXをやっている私個人の感覚でいうと、
とてもじゃないけど怖くてできないなぁ、というのが正直な感想です。

FXでいうとリーマンショック時の事件前後のドル円で
20%くらいの下落だったと記憶しています。(間違っていたらすいません!)

仮想通貨市場では、
そういった歴史的な値動きに相当するような価格の変動が
FXよりも頻繁に起こりうるように感じます。

ですので、ミーハーな私の性格を以てしても
仮想通貨が流行っているからといって手を出す気にはなれません。

利に乗ったときの爆上げ感は魅力なのでしょうけれど、
私は兼業ながら投資をやっている自負があるので、
投資という観点から、リスクがコントロールできないものには
手を出さないというスタンスが良いかなと思います。

一方で、
思い込みや食わず嫌いで思考停止になるのも良くないと思い、
人前で会話できる程度に仮想通貨について調べてみました。

その中で価格変動以外のリスクについても気になる点がありました。
それはセキュリティーと税金です。

詳細は割愛しますが、
仮想通貨の取引所は常にハッキングリスクに晒されている状態であるのに加え
個人レベルでのフィッシング、ハッキング被害が散見されています。

また税金については、
日本の場合、利益により段階的に変わりますが、
最大で45%かかるので(FXは一律20%)せっかく大きく稼いだとしても
税金を考えるとちょっと萎えてしまいそうです。

セキュリティも税金も、まだまだシステム的に整備過程で、
これから改善されていく部分も大いにあるかと思いますが
今時点では、私はちょっといいかな、といった感じです。

トレードをやっている以上は、
わけのわからない動きに左右されず、自分の裁量で稼ぎ、
リスクをコントロールすることが大事だと思います。

またトレードを一つの職能と考えた場合、
努力や経験が確実に自分のスキルとなり蓄積され上達していく
自己投資の側面もあり、長期的に考えることも必要かと思います。

特に、いま参加させて頂いているFX勉強会では、
仮想通貨のように運やニュースなどの要素に頼らず、
純粋にチャート分析だけで勝負できる手法を教わっているので
個人的には自分の性格にも合っているようです。

あまりFXとは関係ない内容になりましたが、
隣の芝生は青く見え、魅力的に映ってしまいがちなので
自分自身に言い聞かせる意味も込めて、書かせて頂きました。
一途にFXで頑張りたいと思います。
(間違った情報がありましたら申し訳ございません。)

仮想通貨に興味がある方がご覧になり、
私の投稿が何かの参考になりましたら幸いです。

シンコ