今年の自分の変化と、来年の展望

おつかれさまです、シンコです。

早いもので、今年も残すところわずかですね。
年内の私の投稿はこれが最後になります。

今年の3月からブログの水曜日を担当させて頂き、
クビにならずなんとか継続して書かせて頂いております。

他のブロガーの皆様のように、トレード画像をのっけて○pipsとりました、
みたいな景気の良い記事は書けていないのですが、
私のような優等生とは程遠い人間でも、勉強会でなんとか頑張っている様を
少しでもお伝えできたとしたらうれしく思います。

今年を振り返り
自分はどれだけ変わったのだろう、と考えることがあります。

少しは成長できたのかな?
スキルは向上しているのかな?
モチベーションは下がってないかな?

いろいろ思うところはあるのですけれど
人に言われて気付いた、個人的な変化があります。

それは財布のひもが緩くなったということです。

私はどちらというと節約志向なので
あまり外食をしたり買い物をしたりするタイプではないのですが
必要がありお金を使うときは、ちょっと奮発する癖があるようです。

例えば先日スターウォーズの最新作を観たのですが
普通のスクリーンではなく、4Dで鑑賞しました。
(映像が立体的に観える3Dに加え、座席が動いたり、匂いやミストの演出があるやつです)
普通のチケットが1800円のところ、4Dのチケットはほぼ倍の3400円でした。

私は庶民なので映画一本でそんなにお金を使うのは、かなり贅沢な行為です。
しかも嫁さんの分もありましたのでちょっとした散財になりました。
(映画が面白かったので良かったですけど)

浪費癖がついたら人間としてダメだと思いますので
引き締めないといけないなぁと自戒しておりますが
そもそも、なんで財布の紐がゆるくなったのか理由を考えてみました。

結論として、はっきりとした理由が思い当たりませんでした。
ただ、こうかな?と思うことがありまして
それは経済学と心理学的なことが関係しているような気がします。

何かの本で読んだのですが
人は、将来に対して不安があると弱気になり
お金を使わなくなるという行動をとるようです。

逆に、将来に明るい展望を持っていると
お金を使うようになるというデータがあるようです。

なんとなく分かる気がしますが、
私は凡人ですので人並みに将来に不安を持っています。

ただ、おそらく一般的なサラリーマンの方よりは将来に希望を感じていて
それはひとえに勉強会でFXを学んでいるからだと思います。

それも、リアルに勝ち続けているプロのトレーダーの先生に
理にかなった手法を教えて頂いているところが大きくあります。
このまま頑張れば努力が実を結ぶという確信があります。

そのため将来的に希望を感じ、
もしかしたら財布の紐がついつい緩くなったところが
潜在意識的にあったのかもしれません。

とは言え、
それはFXでお金を安定して稼げるようになる前提で
その前提が崩れるとただの浪費家になってしまいます。

そうならないように、
お金を使う以上に、圧倒的に稼ぐような域に達するよう
来年も頑張りたいと思います。

最後になりますが、
今年一年、どうもありがとうございました。
良いお年をお迎えください。

シンコ