FX修行でケーススタディが有効だと分かっていながらサボってしまい自己嫌悪に陥っています

こんにちは。
pachiです。

まずは今週のトレードを1つ紹介します。
pachi20171223

今週はこのトレードと昨日1回の合計2回のトレードでした。とりあえず両方勝てたのですが、師匠は勝敗よりも「どうチャート分析をしたのか」、「どういう理由でエントリーしたのか」が大事だとおっしゃっています。

以前(今も時々)は勝敗と獲得pipsばかりにこだわっていてなかなか結果がついてきませんでしたが徐々に成長を感じているところです。そしてトレードスキルを向上させるのに有効な手段としてケーススタディがあるのですが、ケーススタディをやると自然と勝敗ではなく、エントリーできる根拠がどのぐらいあるかを色々考えて探すようになります。

本当に有効な手段だと実感しながらも忙しさにかまけて1日でもサボってしまうとズルズルとやらない日がかさんでしまいます。こうした怠惰な自分と決別するためにも、色々と対策を考えて来週はやっていきたいと思います。

あと本日は勉強会内での新しい試みの座談会に参加予定です。新しい刺激を受けて参加者全員で良い方向に進んで行ければと思います。