トレードメモの記録方法を変更~自己管理しやすいのは?  FX勉強会の生活(33

こんにちは、どろんぱです。
今日は暖かいですね、、、道路に雪が積もっている北海道も今日は雨予報だとか。
明日の道路には十分お気をつけください(夜中に凍結するため)

先週のトレードの抜粋は以下です。

drp20171124.jpg

現在、私は基本的に「手で、紙とペンで書いて」まとめる方法で
トレードを実施していますが、思うところがありまして
記録方法について少し変えてみようと思い、色々試行錯誤しています。

勉強会参加当初は、書いて、読み返して頭に入れて
(その後睡眠で脳に定着させる)で、いい感じで進んでいたのですが、、、
最近は、「とある一定のテーマ」を決めて見返そうとしたときや
「過去の失敗/行動パターン」の推移やだめな状態の再発状況をまとめて見ようとした時に
紙ではめくるばっかりで色々手間がかかって仕方がないし、非効率な感じになってきました。

「紙とペンと糊がアナログで好きなのですが、時間は無駄にしたくない!」
という訳で、(今更ながら)エクセルシートを作成し、
別シートに結果とポイントをまとめる様式に変更しました。
(こうすると少しは中長期的な自己分析ができるかな、と)

drp20171127_2.jpg

やってることは紙と変わらないですが、少し長めの期間での振り返りがし易くなって
改めてなんとなく感じていた修正点など、やっぱりwと見えてきました。
(頭で分かってはいるけど修正出来てない点への再アプローチですね)
自分の所作の履歴を見るのは大事だなぁ、と感じたこのごろでした。

紙に書くと頭に入るのでいいのですが、
「考えながらデジタルテキストに落とす」というのもいいですね。
ちゃんと見返していると、思ったより記憶に定着されます(笑)。

紙に書くと頭に入るのは、きっと「注力して思考しながら」という観点から
記憶への関連付けが強化されているのでしょうから、
結果としては、同様のフローをたどればデジタルでも同じことなのかもしれません。