FXのリハビリ中です。

おつかれさまです、シンコです。

先週は本業がとても忙しく
ほとんどまとものチャートを見ることができませんでした。

一週間(5日間)チャートを見てないと
なんだか調子が狂ってしまうところがあります。

今週に入って久しぶりにまともにチャートを見て
ラインを引いたりフィボナッチを当てたりしているのですが
いまの動きはエリオットの何波かわからなくなってしまったり
いまがトレンドの中にいるのかレンジの中にいるのか
そういう俯瞰して相場状況を捉えることが難しくて
近視眼的にチャートを見てしまうところがありました。

また、先週末に先生の解説動画を拝聴したのですが
その週のチャートをまともに見れてないわけですから
学習効果も半減してしまっていると思います。

ちょっとリハビリが必要かなと感じております。

勉強会に参加されている方々におかれましては、
兼業で頑張ってらっしゃる方も多くいると思いますが
どんなに忙しくても、チャートを見続けたほうが良いと
身をもって実感しております。

FXを継続するうえでは、いろいろな障害があると思います。
その障害は人によって様々だと思いますが、
そのためにFXの学習が滞ってしまうようであれば
何らかの工夫、対策などが必要と思います。

先週の先生のブログ記事で、
FXの学習に必要なのは「本質と効率」のみ
という記事がありました。

FXの学習に必要なのは「本質と効率」のみ。
あくまで「個人的には」という話なんだけど。 FXで感情的なトレードをしないように メンタル崩壊してしまわないように 家族(大事な人)の写真をPCの脇に置きます みたいな人いるじゃん。こんな感じで。 もしくは、目標をデカデカと紙に書いて部屋に貼っちゃうとか。 (まー、僕も昔やったことはあるんだけどね。) 個人的には「そう...

この記事にあるように
私も目標を貼り付けて酔いしれていた時期があったので
私の中に眠る過去の亡霊をバッサリ切って頂いたような心境です。

御言葉の中で、

>FXの上達に必要なのは、
>今の自分は何が一番足りないのか、本質を見抜く目と
>それを見定めたらピンポイントでその欠点を攻撃して壊していく効率
>その2つのみ。

>それ以外はクソ

このお言葉が深く私の胸に刺さりました。

先ほどの話にもつながってきますが、
私にとってFXの上達を図る上では
本業との調整が大きなファクターになります。

もしFXを継続するうえで障害があるのだとしたら
私の場合は真っ先に仕事が挙がります。

障害である以上、それをつぶしていくことが大事だと思いますが
生活もありますのでいきなり仕事を辞めるわけにはいきません。
それでも、ただ多忙に身をゆだねて思考停止をする気もありません。

FXの上達には徹底的な自己分析が必要ですが、
その中には自分のFXをとりまく環境を分析することもあるのかなと思います。

自分の環境が満足できないものであれば
問題になっている部分や改善できる箇所を見つけて
徹底的に見直していくことが重要だと思います。

いまの私の生活ですと、
ゆっくりチャートを見れるのは夜中の1時台になりますが
その中でも虎視眈々とチャンスを狙い続けて行きたいと思います。

これから年末にかけ、兼業トレーダーの方々におかれましては
どんどん忙しくなってくると思いますが
私のようにチャートを見ることすらままならない状況になっても
考え方ひとつで前向きに継続して取り組んでいくことはできます。

忙しいくてFXに集中できないような状態に陥ったときなどあると思いますが
私のような人間でも何とかドロップアウトせずに継続できてますので
この投稿がちょっとでも何かのお役に立てたら幸いです。

シンコ