○○○だけ見ていればいい、目の前に集中せよ! FX勉強会の生活(26

こんにちは、どろんぱです。
個人的には、先週はずーっと見てるだけの週だったような気がします。
入りたい!んだけど、冷静に考えてみるとなかなか入りようがないw みたいな。

唯一入ったところが有ったんですが、結果はともかく、師匠からは
「こういう理由で、入るとこじゃないなぁ。」
と週末動画で解説されていた場所でした^^;

まだまだ修行の旅はまだまだ続くことを確信した瞬間でした。
drp20171010.jpg

先週の動画で「改めて」印象に残ったことを(意訳ですが)。
長い記憶をたどれば、師匠には何度も同じことを解説、指導いただいているのです。

・○○○だけ見ていればいい、目の前の○○○に集中せよ、対峙せよ。
・▲▲▲に惑わされる必要なんてない
・取引は○○○が■■■なところですればいい

また、先週という訳ではないですが、しばしば言われていることで

・余計なことをしないで、きちんと指導の通りやれば結果が出てる人はたくさんいる

この辺りが勉強会では姿勢として重要なんだな、と改めて感じました。
感覚としては、「指導の通りする」というのは、一番簡単だけど一番難しいことだと思います。

指導の通りすると言うことは、「言われていることをきちんとする」
ということに他ならない訳で、、、、そんな中、自分で思うのは、学ぶ上で大切なことは
①素直に聞く②勇気を持つ③余計なことをしない、というのがポイントだと思います。

先週は「トレード怖い怖い病(余計なことのひとつ)」の話をしたのですが、
このような相場が続くと「トレードしたいしたい病(余計なことのひとつ)」にかかりそうになることもあります。
欲のなせる業ですねw

ただ、最近はそんなことはなくて、割りと冷静に目の前の相場を見ることが出来るようになっています。
余計なことをすると、結局はいい結果に結びつかないのは勉強会で身に染みてますからw

ただ、怖いのは、ぱっとチャートを見て、
「あー、暫く無理そうだな、チャンスなさそうだな」
なんて思うと、そこから先の仕掛けを考えずに、思考停止(これも余計なことのひとつ)に入るときがあります。

そういう時はやばいですね、多分。
思うべくもないですが、もしや自分はトレードそのものを軽く考えているのかな?と。
そういう風に気付くときがあって、その時は先週に書いたような分を鼓舞する理由を思い出し、
気持ちを入れ替えるようにしています。

まぁ毎回上手く行かないもありますけど、、、、、
ですが、モチベーションの維持も重要なので、上手く行かない場合は
いっそのことサッとチャートを閉じて、気分転換を図るとか、そういったことをしています。

自分自身のコントロールを如何に上手くやって行くか、
これも長くきっちり結果を出すための重要なことだと思いますが、皆さんいかがでしょうか?