飛び乗って損切……は5分足だけの話ではなかった話

こんばんは、まもです。

今週も、1時間足以上を中心とした様々なシーンでの環境認識を振り返りつつトレードしていました。
そこで気が付いたことがありました。
僕は以前まで、5分足で重要そうなライン等を抜けていないのに、強い動きを見ては飛び乗って損切していたことがありました。本当に強い動きにも確かに乗れたことがありましたが、往々にして飛び乗りたい衝動に駆られるときほど悪い結果に終わることが多かったです。トータルマイナス。
同じように、1時間足でも重要なラインを抜けていなかったり、反転しそうなところで「まだ行く!」とエントリーしていたのがここしばらくだったようです。このやり方だと、利益が出るケースが大半なのですが、反転につかまると損が膨らみます。トータルプラスだけど気分最悪。
お師匠は、「~くらい言ったら安易にトレンドに乗ろうとしない」とのようなことを幾度となく教えてくれていましたが、自分のトレードにはそこが欠落していたようでした。
持ってりゃよかったよりも素早い利食いを意識する状況を、今まで以上に注意していきたいです。