FXの勉強時間を確保する為には?~時間はあるものではなくつくるもの~

おはようございます。ナカタカです。

今週のトレードです。

ブログ

7/31日分ですが実はこのパターン先週に
大損したパターンに似ており先週の解説動画でも
先生が危険な所と言っていました。

こういう場面での大事な事を解説していたので
それを確かめながら分析していると
色々なものが重なり

「ここは上がるしかないだろ~」

と未来予知が出来るようになったんじゃないかと
思ったぐらいでした。

だから、その後の陰線なんかは鼻ほじりながら見ていました。

調子に乗るのはこれぐらいで、

やはり、先週の解説していた条件が全部ではないけど
確認できて、そこからさらに細かく見ていくとルール通りの
パターンになっていたのでルール通りに買いました。

「決済は早すぎなんじゃないの??」
「ビビり決済か??」

と思うかもしれませんがこの決済のポイントには
ある○○maがあったので決済しました。

勉強会の先輩や先生なら上まで取れたんでしょうけど
今の私はその○○maを抜けていくかどうかの
予測がたてられないので

今週末に配信される動画で
分析方法やエントリーポイント、決済ポイントの
解説を見て答え合わせをしていきたいです。

トレード報告は以上です。

残りの記事は勉強時間について書いてみたいと思います。

良くFX系の本の題名には

「片手間で○○」

と書いているのを見るんですけど

正直片手間でやれるほどFXは甘くないです。

先生のようなプロは感覚というか
チャートをパッと見た時に膨大な経験や知識
の中から

「これだ!!」

と、いうのが瞬時に出てきてそれこそ
片手間で稼いでしまうのでしょうけど

私のような修行中のものがそんな事を
するとただの思い付きでの取引になります。

やはり修行中の間はどんな事よりも
最優先でチャートに接する時間を作らないといけません。

私は時間はあるものではなく作るものと考えているので

昼の仕事中は休憩時間は当たり前ですがそれ以外にも
トイレの時にはPDFを読んだり解説動画をまとめたノートの
写真を読んだりしています。

終業時間になったら誰よりも早く帰り、大事な夜の時間を確保
する為に飲み会は忘年会以外のは断り、寄り道せずに帰るようにしています。

家事なんかも手伝わないといけないので帰ってきたら
仕事のテンションのままノルマをこなせば
やっとパソコンに向かう事が出来ます。

正直疲れと眠気で毎日きついのですが

「昼の仕事では自分に鞭打って疲れや眠気を飛ばしているのに
 FXではそういった事はしないのか!!」

と、自分に言い聞かせてなんとか毎日勉強をしていますが
まだまだ足りないので今後も削れるところは削って勉強時間を
少しでも確保できれば良いと思います。

長い話になってしまいましたが本日は以上です。

ありがとうございました。