ポンド円急上昇でpips数はマイナス。だけど利益が十二分。それなのに「負け」た日

こんばんは、まもです。

昨晩の記事、「ポンド円大きく動いていますね」から丸一日経過してしまったため、新たに記事を書きます。
(実は、特定の日以外も書いてもいいのですよ)
僕の昨日のトレードです。
20170801-.png 
勉強会に参加されているぽてこさん(外部リンク)と同じように僕も売り目線でした。
ただし、これが勉強会で正解な見方かと言えば、おそらく違うような気がします。
先月28日と同じような理由で買いではないでしょうか。
20170801--2.png
 
話を戻して、昨日の最初の2発の売りはしたものの、上記のチャートの反省もあり、上がる可能性を大いに感じていたためロットサイズを下げてエントリーしていました。
個人的には、レンジ~三角持ち合いからのブレイクもどきでドテンドテンのドテンエントリーで損を膨らませた過去があるため、チャートの形が確実に崩れるまでじっくり待つシーンでもありました。
(デイトレのくせにスキャル目線になっていたら、結構怪しげな勢いがブレイク直前には下げ方向に見えていましたね)
ドテンした後のエントリーは、先の2つの売りの3倍ロットなのでこのトレード自体は十分すぎる
勝ちです。
しかし利食いでどでかいミスをやらかしてしまいました。
勉強会の視点なら、指値の利確位置付近は意識すべきポイントでした。
その時の僕も把握していましたが、「伸びていくんじゃねこれ」なんて思考に捕らわれて利食いをミス。
戻しても上昇目線は変わらないため、半日握り倒す羽目に。
(二つ目の山の時には、指値で置いておいたもののギリギリささらず)
仕事中でも的確に利食えたのは不幸中の幸いでした。
このミスによって、昨晩は寝入っても数時間後に気になって目が覚めチャート確認し……
何度も繰り返した結果、眠気を終日感じる羽目に。
かつて即死しやすかったパターンで利益が出せても、負けでした。