買うべきときに買う、そうでないときは買わない!

買うべきときに買う、そうでないときは買わない!
売るべきときに売る、そうでないときは売らない!
これが意外と難しい。

おはようございます、目指せFXサバイバーのどろんぱです。

過去からずーっと苦渋を舐めてきたFXですが、
師匠に鍛えていただいている環境認識、再現性のある手法で
日々検証し、自分のトレードは変わりました^^
あとは変化を進めながら少しづつ結果を出すだけ、です、、、、、

先週はチャートを見れる時間帯と相場が良い機会に恵まれたので
きっちりトレードできるタイミングで取引できたと思います。
drp20170717.

drp20170719

が、毎週そうでもないですよね。。。

この数週間の相場は、瞬間的にはどう入ろうか迷うことも多いですが、
最近は師匠の動画講義をずっと見ていることもあって、
以前に比べると、「訳が分からなくて迷う」と言うよりも、

「あ、こっち方向にはやばいなぁ、入るならこっち方向かな」

なんて、根拠を持って、方向感を決めるのがだいぶ早くなりました。
むしろ、決めれないときには、様子見しようって決めることが出来ます。
(様子見しようって思えるようになったことが、今思えば大収穫です)

そういう時は画面をガン見せず、30分に1回チャートを開いて、各種数値材料やラインの整理をしながらシナリオの整理を行います。あとは似たようなケースが過去に無いか改めて探してみたり。。。。
トレードをする際に、過去「どうしよう?!」的にストレスに感じていたものは、ほぼなくなりました。

そうは言っても、昨日夜などは個人的にタイミングを外してしまい、入れなくて悶々としてました^^;
(正直なことを言うと、画面の前に座っているときは、トレードしたくなりますw)

まぁでも、関連ブログで「何度も」皆さんが書かれていると思いますが、
退場さえしなければ「チャンスはこれから無限に有る」訳で、
負けそうなときに勝てると思って入っても仕方が無いですからね。
(退場してしまったら元も子もない)

そういう意味では、トレードをする際、
見習いの兼業(20-24時、動きが無いときは23時過ぎまでw)トレーダーとして決めていることが有ります。

(過去に往復ビンタで何度も苦渋を飲まされていることから)
トレード回数 →明確なルールに基づくエントリー最大2回(ドテン1回含まず)

当該時間だと、平均してだいたい1日に1-2回チャンスが来るくらいで、
それ以上、「何だか行けそう?」と無理にトレードしても良くない結果のほうが多いです。
当然チャンスが来ない日もありますし、「今は見た感じ大丈夫!」と思って風呂に入って出てくると
逃しちゃってるときもありますw でも、それはそれで仕方が無いです。

そう思えるまで時間はかかりましたが、自らの刃を研ぐことを続けていれば、
返す刀で切られることも減り、時には「肉を切らせて骨を断つ」
トレードも出来るようになると思っています。

(誤解の無い様に補足しますが^^; あくまで心意気の話です。
 師匠の勉強会の手法は高勝率なので、肉を切らせることってなかなか無いですw)