FX勉強会の生活 6) 事実の積上げをしっかりと見る(ようになりたい)

目指せFXサバイバーのどろんぱです。

過去からずーっと苦渋を舐めてきたFXですが、
師匠に鍛えていただいている環境認識、再現性のある手法で
日々検証し、自分のトレードは変わりました^^
あとは変化を進めながら少しづつ結果を出すだけ、です、、、、、、

drp201705019.jpg

先週のトレードは振り返ればイマイチな結果でした。

数字的には結果は残ったんですが、
「この相場環境でこのトレードをするのが良いのかどうか」
を見たときには反省することが多くありました。
まだまだ「売りなのか買いなのか」迷うことが多いです。

先週の動画では師匠がそのあたりを解説頂いてまして
タイムリーで有りがたかったです。

 ・「ここはこうだからこの目線、目線を変える根拠は、、、」
 ・この部分は○○の値と○○の値が重複するし固い。
 ・○○MAが強く、なぜ効くのか
 ・ここは今回効かなかったから次は、、、

 と事実を積上げながら解説頂いて、、、、

 「なるほど」と思ったり、
 「ここはあかんかったんか」と反省したり^^;

 多くは何度も説明して頂いていることであるので
 そこがなぜ身についていないのか、
 相場に相対した時にそう考えられないのか、
 なんて考えてました。

んでもって、その日のトレードノートを開きなおして
解説頂いた内容を反芻しながら、反省や気付きを改めて朱書きしてました。
こういった時間は大事ですね。
頭に残りますし、日を置かないことで鮮明に課題が頭に残ります^^;

で、2週連続で気付いたことは同じ^^;

要はきっと検証のやり方や考え方が足りないんですね。
動画を見た結果、チャートと自分の実績の振り返りを当然するのですが、
「ここでこう考える」
という部分をもう少し深掘りして身に付ける必要があると思います。

まだまだ咀嚼出来て無いというか、うーん。
トレードをトレースするのはとにかく、
思考をトレースするためには、
もっとゆっくりチャートを見る必要があるように感じます。

なぜこう動くのか、だからこういう動きが先々考えられるのか。
目の前ではレートが動いているので落ち着きませんが、
(師匠も言われてますが)リアルチャートは置いといて、止まったチャートできちんと見る。
こういった時間をしっかり取るのが必要なんだな、と思った週末でした。

毎度同じような内容を書いている気がします^^;
日々修行ですね。では、また来週!