過去のトレードから見えてきた自分の悪癖

こんばんは、まもが投稿します。

最近安定したトレードができています。
利益も徐々に増えてきましたが、思考がガタガタになるとルールから飛び出しかねないので、まだまだ精進しなければならないと痛感しています。
先週のこのトレードにも顕著に表れていました。
20170522.png 
2ポジで買いをもって、短期の上昇のてっぺんで取ったトレードでした。
この場面ではお師匠もエントリーしていて、それが赤丸のポイントです。
赤丸の箇所はエントリーできる人にとっては鉄板、ルール通りの箇所で、僕もそれに気が付いていましたがあれ不思議?
2回目のエントリーは足1本遅れているよ?
これエントリーしたときのことをはっきり覚えているのですが、一回目のエントリーが影響してしまっていました。
1回目の段階では、いくつか根拠があって(弱いながらも)一旦上げると考えていました。
しかし少し下落したときに苦痛を感じ、
2回目のエントリーの時は、「上がる形ではあるから○○MAで跳ね返されなければ上昇すると考えよう」と、
ルールからちょっと外れたアイディアに取りつかれていました。
確かに、日中働いているとエントリーする機会も減り、
エントリー箇所を多少荒くしてでも入れるようにしようという考えに取りつかれることもあるかもしれませんが、
それじゃあどれだけ「練習」しても無駄ですね。
小さなルール違反がどんどんルーズになり、
エントリーポイントが悪いから、そこからの曇った目では適切な利食い箇所が見えない。
悪癖はすぐ抜けないですが、僕は色々あって専業になりたいので真剣に直していきます。