FX検証作業してます part11

こんにちは。コンドルです。

今回も「FX検証作業」について書きます。

今月始めのトレードです。3回トレードしています。

1回目+12.6P、2回目+21.7P、3回目+10.4P 合計+44.7Pでした。

condor11 5月21日用

良いエントリーが2回、方向性はいいがエントリーが遅いが1回で 正解率は66%だったでしょうか。

前回は、昨年11月中旬にFX勉強会の動画解説や「コラム」で
「分割エントリー」を教えてもらった時に

「これ、ナンピンじゃない?」「ナンピンと分割どう違うんだろう?」
「下手なナンピン、スカンピンていわれてるもんなぁ。」などなど、
今までの先入観から「分割エントリは自分にはムリだ。」と思ったと書きました。

今回は、「分割エントリー」のことがはじめて紹介された昨年の10月中旬のFX勉強会から書きます。

先生曰く
「ピンポイントでエントリーするのがいいですが
「だいたいこの辺」とエントリーポイントを決めていくやり方は有効です。

未熟でチャート分析が出来ないうちにやると、分割でも一括でもどちらでも勝てないという不毛な事態になりますが。

完璧でなくていいので「それなりに」チャート分析ができるようになってきたら、
分割エントリーを試してみるのも良いことだと思います。」とありました。

この時、どうしてもエントリーのタイミングが「早い」という欠陥がありましたので、
エントリーの「危険分散」ができるならいいなぁ、くらいに思っていました。

それから一か月後の11月中旬に、FX勉強会の「コラム」と「動画解説」に立て続けに
「分割エントリー」が紹介されました。

勉強会も6か月が経過し、環境認識も「それなりに」できるようになってきたと判断した先生が
次の勉強のステップを示してくれたのではないかと思います。

それでも、「自分にはまだムリ」と思っていました。

そんな自分を見ているかのように「コラム」には、

曰く、「「今の自分にはムリ」って思いますか?僕もそう思っていた時期がありました。
ムリって思ってたり、師匠のことを疑ったり。

でも、自分にできることを一生懸命に、地道にやっていくと、いつの間にかムリだと思わなくなるんです。
少しずつできるようになるんです。「あ、なるほど、そういうことね」と理解できる日が来ます。」と。

また曰く、「僕の修行時代、ちょうど、今の僕と皆さんのような感じでした。
僕は基本のパターンに忠実にトレードしていて。
僕は先生のトレードを見て「今はまだできねーよなぁ・・・」「わかんねーなぁ・・・」と、いつも思っていて。

でも、基本のやり方をやって、先生の話を聞いて、地道に毎日チャートを見てトレードしていると
結構、何年とかたくさん頑張らなくてもできるようになります。」

そして、
「分割エントリーのスキル」を勉強していく過程で
ブレイクスルーとか、努力曲線とかいわれているのと同じように
あるとき「あれ?」と気づくときが「何度も」あり、トレードスキルが飛躍的に上達していくと。

ここまで先生に言われて、がぜんやる気になりました。

「よし!分割エントリーのスキル、分からないながら勉強しよう!」
と決意しました。

ちょうどそのころ、先生に直接質問できる機会がありましたので

「分割エントリー」をするときに、特に疑問に思っていた「損切り」を
どこに置いたらいいのか質問しました。

回答はシンプルでした。

「損切りを置かずに、ともかくやって見なさい。」でした。

「ひぇー! 損切りなし?」と絶句。

「損得、勝ち負けを考えずにともかく実行せよ。」でありました。

今までトレードで御法度だと信じてやまない「ナンピン含みの分割エントリー」に加え、

今度はFXトレードの定石のように信じてきた「損切り」を「無し」で即実行せよ、でありました。

先生は、「「分割エントリ」ができるようになれば、トレードが楽になります。」と言っていたけど、

トレードが「苦しくなります」のまちがいではないのか?

そんな思いが、頭をかすめました。

自分にとっては、大きなカルチャーショックでありました。

続きは次回に。