FX以外での前向きな取り組み

おつかれさまです、シンコです。

先週から日帰り出張が続き、なかなか落ち着いてチャートが見れない状態が続いています。

一方的な上昇トレンドが続いていましたが、下げはじめましたね。
トレードしやすくなってきそうな状況だけに、リアルタイムでチャート見れないのは歯がゆいです。
今月の動画解説で教えて頂いた5分足の予約注文でのトレードをうまく取り入れることができれば
忙しくてもチャンスを掴めると思うので、腐らずにがんばりたいです。

今回の投稿は、FXを安定的に行うための取り組みを書かせて頂こうと思います。
テーマとしては健康になります。

私はお金をたくさん儲けるよりも、まずは健康でいられることのほうが大切だと思っています。
極端な話ですが、病気で寝たきりになったらお金を持っていても使えないと意味が無いからです。
(治療費に使ってると言えばそれまでですが…)

巷にはたくさんの健康法があふれていて、何が効果的なのか正直よくわかりません。
おそらく個人差もあると思うので一律にこれが正しいと言えないと思います。

なのであくまで私個人にとって効果があったということでご理解頂きたいのですが、私が行っているのは朝食を抜くことです。

朝食抜きについてはいろいろな方が取り上げられているので詳しくは割愛しますが、
個人的には、日中のパフォーマンスが向上するという実感があります。
また私は深夜帯にトレードをしているのですが、日中どんなに仕事でドタバタしても、疲労感が少ない状態で余力をもってチャートを見ることができています。

食事をするとエネルギーを摂取でき活力的になると思いがちですが、じつは空腹時のほうが細胞レベルで活性化する、集中力が増し作業性が上がるといった研究結果があるようです。
逆に満腹時だと消化にエネルギーが割かれパフォーマンスが落ちるということもあるようです。

体のメカニズム的には、午前中の時間帯は栄養を吸収するには適しておらず、どちらかというと朝は排出に適した時間帯といったデータもあります。
なので、諸説ありますが朝食抜きは理にかなってるところもあるのかな、と思います。

私が朝食を抜くようになったのはただ食事の時間が無かったからですが、何年も朝食を抜いてますがとくに大きな病気もせず、健康診断でも特に問題ありません。
きわめて健康的な社畜として仕事に勤しんでおります(笑)

また最近トライしているのが、カフェインとアルコールを断つことです。
私は珈琲とビールが好きで毎日飲んでいたのですが、以前より、先生が大好きなビールをやめたとブログでおっしゃっていたことがずっと気になっておりました。
先生は意味が無いことをする方ではないので、きっと大きなメリットがあるのかと思い、真似てみようと思い実行しました。
実行してまだ日が浅いので大きな変化は感じないのですが(むしろ禁断症状で体がソワソワして落ち着かなかったですw) 経過を追っていきたいと思います。

兼業トレーダーにとっては、FXに取り組むことは体力勝負的な側面がありますので、
私のはあくまで一例ですが、皆様方それぞれに適した健康法があると思いますので 取り組まれてはいかがかなと思います。

シンコ