FX検証作業してます part10

こんにちは。コンドルです。

今回も「FX検証作業」について書きます。

先月下旬のトレードです。4回トレードしています。

1回目+35.7P、2回目+24.4P、3回目+11.6P、4回目+11.2P 合計+82.9Pでした。

condor10 5月14日用

今回の模範解答での正解率は、まあ良いエントリ2回。
模範解答にかからなかったエントリーが2回。正解率は50%だったでしょうか。

前回は、11月、12月と月間プラスの成績が残せた一つの大きな要因に
「ライン」を大きく修正できたことがあげられると書きました。

これもFX勉強会で模範解答がありますから、「正しい」修正が可能であったと思います。
今でも、少し変なラインを引くことはありますが、毎週修正できています。

part4では、検証作業を6項目に分けて書きましたが、
今回は、その6番目の「動画解説によるその他のテクニックの勉強」での検証作業について書きます。

余談ですが、
最近の先生のブログ記事で「学ぶ姿勢」について
再度、決意を新たにさせられましたので少し書きます。

このブログのとおり、FX勉強会で先生専用のコーナーを設けて自らアウトプットしています。
「英会話」の他にも「プログラミング」「数学の問題集」「将棋」など学習の様子を動画配信で。

その「学ぶ姿勢」は
「英語ができない人がみんなの前で英語を発表するなんて、死ぬほど恥ずかしい。
でも、それがいいんだよね。死ぬほど恥ずかしい思いをしたことは脳が覚える、

恥をかきたくないから一生懸命に練習する。

恥ずかしいから何もやらない、って人よりは何十倍も理解が深まる。
それを身をもって示せたらいいと思って始めてみた。」

また、こちらのブログでその動機が書かれています。
先生の「ドリル」解決のためにも動きはじめたとあります。

今回、記事にする「動画解説によるその他のテクニックの勉強」の検証作業も
今の自分にとって「大きな課題」の解決作業になろうかと思います。

この検証作業の中に、今の自分のトレードの課題が凝縮されているとも考えています。

この検証作業から大きな成果が得られるように、恥ずかしい失敗を重ねながら、恥をかきながら
今一歩、自分も頑張っていこうと決意を新たにした次第です。

いやぁー、「よし!やろう!」と決意すると気分が若返りますなぁ。ありがたいことです。

閑話休題

話を本題にもどします。

FX勉強会では、たびたび有益なテクニックを教えてくれていますが、
今回は、自分で理解し使えるようになるための「検証作業」が必要のようです。

それと、今回の検証作業の特徴は、個人解釈ですが
「今までの考え方」の「凝り固まり除去作業」の意味合いを持つように思いました。

そんな「その他のテクニック」は「分割エントリー」でありました。

「分割エントリー」そのものは、先生の独自のものというわけではなく、わりと広く知られた
テクニックのようであります。先生の手法ともマッチするということですが、
今まで、まったく縁がありませんでしたので、やり方はまったく知りませんでした。

はじめてFX勉強会の動画解説で教えてもらったときは

「これ、ナンピンじゃない?」

「絶対やってはいけないテクニックだと思っていたけど?」

「下手なナンピン、スカンピンていわれてるもんなぁ。」

「ナンピンと分割どう違うんだろう?」

頭の中は、?マークが渦巻いていました。

今までの先入観から「分割エントリは自分にはムリかも」と。

「ナンピン」はFXにおける諸悪の根源だと思っていましたから。

頭が拒否反応をしておりました。

先生は、「「分割エントリ」ができるようになれば、トレードが楽になります。」

続きは次回に。