FX勉強会の生活 4) トレードノート

目指せFXサバイバーのどろんぱです。

過去からずーっと苦渋を舐めてきたFXですが、
師匠に鍛えていただいている環境認識、再現性のある手法で
日々検証し、自分のトレードは変わりました^^
あとは変化を進めながら少しづつ結果を出すだけ、です、、、、、、、

今日もご一読頂きありがとうございます^^
GW(先週)は単身赴任先から家に戻りまして、家族サービスしてました。
その為1日(いつもの時間帯なので21-24時のみ)しかトレードしませんでしたが、
週明けで悩ましい日でした^^;

前々週~前週の動画講義を気にしながら相場を見ていたためか、
正しいかはともかく、シナリオ立てて何とか自分なりに納得して入れました。
上げ相場なので短く売るという意識で何とかトレードできたと思います。

drp20170501

今回は過去から数度ネタにしていますが、トレード記録と手帳の話です。

師匠が普段は手帳はEDiT(1日1ページ:マークス)を
お使いで、これでトレード記録をつけたり、、と言っておられました。

私自身も普段の生活では同じものを使っているのですが、
FXに関しては別に分けてまして、別の1日1ページ手帳を使っています。
※手帳というよりもノート的な使い方です。

トレード記録をつけるならば、普通のノートでも充分と思います。
ただ自分の行動パターンを考えると、
この1日は何をした?しなかった?どういう行動をした?
と自分の中で振り返りをするときに、1日1ページの手帳がちょうどいい感じなんです。
(その日のページは空きが出たとしても、
トレードに関する何かしらの学習項目を追加して必ず使い切るようにしています。)

何もしなければ白紙の1ページが続くのでイマイチですが
その白紙ページは「何もしなかった事実」を表すと思い、反省材料としてます。
(実際は100円位のノートで十分なんでしょうけど、
 個人的には日付を書いて管理してると、
 何日か空いても、その日付の下から書き出すので 
 自分の中では「怠けた」空白時間が捉えられないんです。

 あ、書いてて思いましたが、勿体無い感が満載ですが
 普通のノートでも同じように「怠けたページは空けて」使えば良いのか^^;
 コスト的には1日1ページの手帳を買うほうが高いです、笑)

ぶっちゃけ「ページを使った自己満足」という意味のない満足感もあるのも真実です。
その満足感は本当に意味がないと思うんですけど、
積み重なったページを見ると「やる気」が出るもの事実です。

ちなみに週末の動画講義のまとめは土日ページの2ページ分を使ってまとめています。
トレードログと勉強ノートは分けたほうが良いとアドバイスも頂きましたが
振り返りを含めた反省が出来るように、使うペンの色を変えて同じ手帳に書いています。

1日1ページ手帳、大した内容でなくてアップするのも申し訳ないですがw
誤字脱字と読みにくい字はご容赦ください。

drp_20170509_001.jpg

ではまた来週^^