FX検証作業してます part7

こんにちは。コンドルです。

今回も引き続き「FX検証作業」について書きます。

今月の2日間のトレードです。4回トレードしています。

1回目+29.1P、2回目+18.5P、3回目+42.7P、4回目+37.6P、合計+127.9Pでした。

4-23.png

今回の模範解答での正解率は、いいエントリー3回。方向性は間違ってないが、少しエントリー
判断が早いが1回。正解率は75%だったでしょうか。
それにしても、1日に2回のトレード数は随分と減ってきました。いいことだと思います。

前回、「間違ったエントリーポイントの確認」作業をしていく中で、
「余計なこと」をしでかす「自分」がいて、成績が伸びない話をしました。

そして、昨年10月下旬に新設された「f計画どおり」のコーナーに、
トレード計画(シナリオ)をアップするようになって、月次成績がプラスになる
ようになったと書きました。

2016年10月24日 
初めて自分のトレード計画(シナリオ)を「f計画どおり」にアップしました。

どうせなら、自分が記念の第1号目の報告者になろうと、早朝からスタンバイして
予定通り計画アップ第1号になりました。

今では、会員の皆様が投稿しますので実に1,135件(4月15日現在)の
シナリオの報告があります。

トレード報告に至っては、2,484件(4月15日現在)が報告されています。

実は、トレード計画(シナリオ)の作り方については、すでに10月のはじめから
FX勉強会で指導が始まっていました。

懇切丁寧に、計画の考え方、シナリオの書き方、環境認識の仕方、
ラインの引き方等、教えてもらっていました。

そして、晴れて「f計画どおり」が新設された訳です。

張り切って、「f計画どおり」に初アップしたものの
今、振り返ってその時のシナリオを見てみますと赤面ものです。

凄いです。やっはり。言われたことができてない。
教えられた通りにできてない。まったく見事に。恥ずかしいくらいに。

「誰がこんなラインを引けと言った?」と、
自分でツッコミを入れたくなるような、世にも不思議なラインのオンパレード。

自分では
「環境認識から、現時点から一回は上昇。そのあと、大きく下降していく
に「ちがいない」。レートは先々、こうなって、こう動くに「ちがいない」」と。

はるか先まで予測したラインを引きまくっていました。

まるで「競馬の予想屋」のような未来予想型ラインを恥ずかしげもなく引きまくり。
先生の手法とは、まったくちがったラインだらけ。

「ルールどおり」から「予想屋手法どおり」に。見事な「ねじ曲げ」作戦です。
また、やっております。

その後、FX勉強会の皆様がアップする「トレード計画」を見させてもらったり
週末の「動画解説」で「トレード計画(シナリオ)」の勉強をさせてもらって

やっと、
「自分のラインの引き方おかしくない?」

FX勉強会に入塾6か月目の気付きでした。

「気付くの遅くない?」と突っ込まれそうですが。

それから、ラインでグチャグチャな自分のチャート画面が、
だんだんと意味のあるラインに変わってきて、すっきりしだしました。

まだまだ、先生の引くラインとは違いましたが、
それでも方向性が少し合うようになってきました。

すると、
「ここ、ルール通りエントリーできるよなぁー?」

「あんまり、自信ないけど、間違いないよなぁー。」と思えるポイントが、
少し分かるようになって、手法に沿ったエントリーが、以前より出来るようになってきました。

決済の方も、ルールどおりになかなかできず、ビビリ決済の連発です。

「手法のルールどおり待てたら、50Pもとれたのに。」
「何? 15Pだけ? もうちぃーと、待てんかねぇー?」

まだまだ自信のないエントリーと、ビビリ決済。
どう考えても、満足のいくトレードはできておらず、
いつも、どこかしら不満の残るトレードばかりしていました。

そんな状態ですから、11月の成績をしめたときプラス150P以上の成績なのが、
にわかには信じられず
「何か計算まちがい?」と、首をひねっていました。

FXをはじめて以来、月間成績がプラスになったことがありませんでしたから。

入塾して6か月が経過した晩秋のころでありました。

続きは次回に